練馬区の解体費用! しっかり理解してお得に解体しよう

query_builder 2024/03/28 東京 解体 費用
解体費用とそれがどのように計算されるのかを理解することで、解体工事をお得に進めることができます。当記事では、東京都練馬区での解体費用の一般的な相場や、費用をカットするために知っておきたい情報を提供します。
合同会社澤井総合
合同会社澤井総合
拠点のある東京を中心に、マンションの一室のリノベーションからリフォーム、総合解体まで幅広く対応しております。お客様からの一つひとつの要望に丁寧にお応えし、見た目にこだわった作業を心掛けております。
合同会社澤井総合
住所:

〒175-0045

東京都板橋区西台2-25-11-101

電話番号:
03-6913-0490

はじめに

解体費用は、何を基準に見積もられるのでしょうか。解体費用の基準を理解し、適正な費用を把握することが大切です。

解体費用の基本

解体費用の基本を理解することは、解体工事を進める上でとても重要です。解体費用は、建物の規模や解体工事の難易度などによって変動します。一般的に、建物が大きければ解体費用も高くなります。また、解体の難易度が高い場合も費用が増える傾向があります。

解体費用は、建物の規模に基づいて計算されます。建物の面積や体積が大きいほど、解体に必要な作業量や資材の量も増えるため、費用も高くなります。また、建物の構造も費用に影響します。木造建築や鉄骨造など、構造によって解体の方法や時間が異なるため、それに応じて費用も変動します。

解体費用は、単純な金額の合計だけでなく、さまざまな要素が関与します。解体工事には労働力や資材の費用、廃棄物処理費用などが含まれます。さらに、解体作業の難易度やアクセスのしやすさなども費用に影響します。

練馬区での解体費用も、基本的には同様の要素によって計算されます。建物の規模や構造、解体の難易度などが反映されるため、他の地域と比較して大きな差はありません。ただし、地域によっては地盤の特性や環境条件なども費用に影響する場合があります。

解体費用の基本を理解することで、解体工事の予算を把握する際に役立ちます。適切な見積もりを入手し、解体費用を正確に把握しておくことは、無駄な出費を避けるためにも重要です。練馬区での解体費用の相場を把握し、お得に解体を進めるためにも、基本的な知識をしっかりと持つことが求められます。

練馬区での解体費用

練馬区での解体費用を把握することは、解体工事を予算内で進める上で大切な要素です。一般的に言われるように、地域による解体費用の差はあまりありませんが、練馬区の解体費用相場を把握することで、より具体的な予算を立てる際の参考になります。

練馬区では、解体費用の相場は周辺の地域とほぼ同じような水準だと言われています。ただし、練馬区は住宅密集地域が多く、アクセスがしやすい都心部に近いため、解体工事の際には近隣住民への配慮や交通規制など、さまざまな制約がある可能性があります。これらの要素も解体費用に反映されるため、他の地域と比べて若干費用が高くなる場合があります。

解体費用を把握するためには、まず複数の解体業者から見積もりを取ることが重要です。業者によって料金体系や工事内容が異なるため、比較検討することでより適正な費用を把握することができます。また、練馬区内の解体工事を行った事例や口コミなども参考になります。過去の実績や評判を確認することで、信頼できる業者を選ぶことができます。

ただし、解体費用だけで業者を選ぶのではなく、施工品質やスケジュールの管理なども重要な要素です。解体工事は建物を取り壊す作業であり、安全性や環境への配慮が求められます。信頼できる業者を選ぶことで、適正な費用と共に安心して工事を進めることができます。

練馬区での解体費用は地域により異なる要素や制約があるため、一概に金額を言い切ることはできません。しかし、周辺の相場や業者の見積もりを比較することで、より具体的な予算計画を立てることが可能です。解体費用を理解し、適正な予算を把握することで、無駄な出費を抑えながら効率的な解体工事を進めることができます。

解体費用の計算方法

解体費用の計算には、いくつかの要素が影響します。具体的には何に影響されるのか、確認していきましょう。

建物の規模

建物の規模は、解体費用に大きな影響を与える要素の一つです。一般的に、建物が大きければ解体費用も高くなります。そのため、建物の規模を正確に把握することは解体工事を予算内で進める上で非常に重要です。

建物の規模は、主に建物の面積や体積で評価されます。面積は建物の床面積や延床面積で表され、体積は建物内の空間全体の容積を示します。これらの指標は、解体に必要な作業量や資材の量と直結しています。建物が広ければ解体にかかる時間や労力も増えますし、解体に必要な資材の量も多くなるため費用も高くなります。

また、建物の構造も解体費用に影響を与えます。木造建築や鉄骨造、ブロック塀など、構造によって解体の方法や時間が異なるため、費用も変動します。例えば、木造建築は比較的容易に解体できる場合が多いため、費用の面では他の構造と比べて割安になりがちです。一方、鉄骨造やブロック塀などの堅固な構造は解体が難しく、解体費用も高くなる傾向があります。

建物の規模によって解体費用が変動するため、正確な規模の把握が必要です。建物の設計図や間取り図を参考にすることで、面積や体積を計算することができます。また、解体業者に依頼し現地調査をしてもらうことで、より正確な規模を把握することもできます。

建物の規模は解体費用に大きな影響を与える要素です。建物の面積や体積、構造などを正確に把握することで、費用の目安を立てることができます。これによって、解体工事を予算内で進めることができます。解体費用をしっかりと見積もり、適切な予算計画を立てることで、効率的かつ経済的な解体工事を進めることができます。

建物の構造

建物の構造は、解体費用にも大きな影響を与える要素です。木造建築、鉄骨造、ブロック塀など、建物の構造によって解体の方法や時間が異なるため、費用も変動します。

木造建築は、比較的軽くて柔軟な構造をしているため、解体が比較的容易です。解体作業では破壊が容易であり、作業がスムーズに進められることが多いです。そのため、通常は他の構造に比べて解体費用が割安になる傾向があります。

一方、鉄骨造やブロック塀などの堅固な構造は解体が難しく、費用も高くなることがあります。特に鉄骨造の場合は、鉄骨の撤去や切断作業が必要なため、手間や労力がかかります。また、ブロック塀などの重い素材でできた構造物は、大量の資材の撤去や破砕作業が必要となるため、作業に時間と労力がかかります。

解体工事では、建物の構造に合わせた解体の方法や作業工程が必要です。木造建築では解体作業が比較的容易ですが、鉄骨造やブロック塀などの構造物では、解体作業には特殊な機械や技術が必要となる場合があります。そのため、解体費用は構造によって大きく変動することがあります。

建物の構造は解体費用のみならず、解体工事のスケジュールや作業の安全性にも関わる重要な要素です。解体工事は建物を取り壊す作業であり、構造物を正確に把握し、適切な解体方法を選択することが必要です。業者による現地調査や建物の設計図の確認、専門家のアドバイスを受けることで、正確な構造把握と効率的な解体工事ができます。

建物の構造は解体費用に大きな影響を与える要素です。木造建築は解体が比較的容易で費用も抑えられますが、鉄骨造やブロック塀などの堅固な構造は解体が難しく高額になることがあります。構造に合わせた解体方法や作業工程を適切に選択することが重要です。建物の構造を正確に把握し、適切な解体工事を進めることで、費用を最適化しながらスムーズな解体を実現しましょう。

解体費用の節約方法

厳しい予算でも諦めないでください。解体費用を節約する方法が存在します。

補助・助成金の活用

解体費用を抑えるための方法の一つとして、補助・助成金の活用があります。一部の自治体では、解体費用に対して補助金を出している場合があります。解体物件が対象となる場合、これらの補助金を利用することで費用を節約することができます。

補助・助成金は、解体費用の一部を自治体が負担する制度です。補助金の支給額や対象物件などは自治体によって異なるため、事前に確認が必要です。練馬区では、解体に伴う費用支援制度が設けられているかもしれませんので、練馬区のホームページや市役所の建設部門などで詳細を確認してみましょう。

補助・助成金の活用には、提出書類や手続きなどが必要です。一般的には、解体予定の建物や申請者の情報、見積もり書などを提出することが求められます。また、補助金の交付期限や条件なども確認しておく必要があります。補助・助成金の活用には一定の審査があるため、条件や要件を満たしているか確認しましょう。

補助・助成金の活用によって解体費用を節約できる場合、手間や時間をかけて申請する価値があります。ただし、補助金や助成金の額は限られていることが多く、予算が早期に使い切られる場合もあります。そのため、早めの申請や予算確保が重要です。

補助・助成金の活用は解体費用を節約するための一つの手段です。自治体の制度を確認し、適切な申請手続きを行うことで費用の一部をカバーすることができます。解体物件が対象となる補助金や助成金を活用することで、予算の負担を軽減し、効果的に解体工事を進めることができます。

見積もりの比較

解体費用を節約するためのもう一つの方法は、複数の業者から見積もりを取得し比較することです。解体業者によって料金体系や工事内容が異なるため、見積もりを比較することで予算節約の可能性があります。

複数の業者から見積もりを取ることは、解体費用を把握する上でとても重要です。見積もりを取る際には、解体業者に対して必要な情報をしっかり伝えましょう。建物の規模や構造、解体に伴う特殊な工程や廃棄物処理方法など、業者に正確な情報を提供することで、より具体的な見積もりを得ることができます。

見積もりを比較する際には、単純に金額だけを比べるのではなく、工事内容や付帯サービス、予定工期などを総合的に考慮しましょう。安価な見積もりが提示されても、工事の質やスケジュール管理が不十分だったり、追加費用が発生する可能性がある場合は、結果的に費用がかかりすぎることもあります。

また、業者の信頼性や実績も重要な要素です。解体工事は大切な作業であり、安全性や品質には十分な配慮が必要です。業者の選定は慎重に行いましょう。過去の実績や口コミ、評判を調べることで、信頼できる業者を選ぶことができます。

見積もりの比較によって、解体費用を下げることができます。複数の業者からの見積もりを入手し、それぞれの費用や条件を比較検討することで、より適切な選択ができます。そして、最終的には料金のみならず、工事内容や業者の信頼性も考慮しましょう。

解体工事は一度に行うことが多いため、費用面だけでなく、工事の質やスケジュールの管理も重要です。信頼できる業者との良好な関係を築くことが、円滑な解体工事を進めるためにも重要です。適切な見積もりの比較を行い、信頼できる業者を選ぶことで、予算内で効率的に解体工事を進めることができます。

解体後の廃棄物問題

解体物件から出る廃棄物の処理は、解体費用に大きく影響します。適切な処理方法を理解しましょう。

粗大ごみ

解体工事から出る粗大ごみの処理は、解体費用に大きく影響する要素の一つです。適切な粗大ごみの処理方法を理解しましょう。

解体工事によって発生する粗大ごみは、通常解体費用に含まれています。解体された建材や家具などの大型の廃棄物は、専門的な手段で処理する必要があります。そのため、解体費用には廃棄物処理費用も含まれている場合がほとんどです。

粗大ごみの処理方法には、リサイクルや廃棄物処分場への搬入などがあります。リサイクルは、建材や家具などの有用な部品や資材を再利用する方法です。リサイクルによって資源の有効活用が図られるだけでなく、処分費用も節約できます。

一方、廃棄物処分場への搬入は、使われることのない廃棄物を専用の処分場に運び、処理する方法です。廃棄物処分場では、廃棄物を適切に処理し、環境への負荷を最小限に抑えます。ただし、廃棄物処分場への搬入には搬送費用が発生するため、費用が増加する可能性があります。

粗大ごみの処理においては、解体業者との相談や契約内容の確認が重要です。解体業者は、通常建物の解体と同時に粗大ごみの処理も行ってくれます。しかし、処理方法や費用について明確な合意を得ておくことが重要です。契約書や見積もりに処理方法や費用が含まれていることを確認しましょう。

解体工事によって発生する粗大ごみの処理は、解体費用に含まれる重要な要素です。リサイクルや廃棄物処分場への搬入など、適切な処理方法を選ぶことで、費用を最適化し環境への負荷を最小限に抑えることができます。解体業者との契約内容を明確にし、処理方法や費用について確認することが大切です。正確な処理方法を選択することで、円滑な解体工事を進めると同時にコストを節約することができます。

内装

解体工事では、建物の内装も重要な取り扱いとなります。内装の撤去作業は解体工事に欠かせない要素であり、費用の一部も内装に関連しています。

内装には、床材、壁材、天井材などが含まれます。これらの材料は、解体作業によって撤去される場合があります。内装の撤去は、解体の一部として行われるため、解体費用に含まれることが一般的です。

内装の撤去には、作業内容によって費用が異なることがあります。ボードやクロスの張替えのような比較的簡単な内装の撤去では、費用は抑えられる場合があります。一方で、タイルや大理石などの重い素材や固定されている内装の場合は、撤去が困難で手間がかかるため、費用が高くなることがあります。

内装の撤去を行う際には、撤去後の処理方法も考慮する必要があります。撤去した内装材は適切な方法で処理する必要があります。解体業者は、通常内装の撤去と同時に廃棄物の処理も行ってくれます。ただし、内装の種類や処理方法によっては、追加の費用が発生する場合もあります。契約書や見積もりに内装撤去の方法や処理費用が明記されているか確認しましょう。

内装の撤去には解体費用が含まれているため、建物の解体と同様に重要な要素となります。内装の種類や作業内容によって費用が異なるため、正確な見積もりが必要です。解体業者との契約内容や見積もりに、内装の撤去方法や処理費用が適切に明記されていることを確認しましょう。適切な内装撤去と廃棄物の処理を行うことで、円滑な解体工事を進めながら費用を適正化することができます。

解体費用を知るための重要情報

解体費用を詳しく知るために必要な情報をご紹介します。これらの情報を活用し、解体費用を正確に把握しましょう。

公開されている費用情報

解体業者のウェブサイトや関連サイトなどで公開されている費用情報は、解体費用を知る上での重要な参考情報となります。これらの情報を活用することで、解体費用の相場をつかむことができます。

解体業者のウェブサイトには、一般的な解体費用や解体作業の料金体系が掲載されている場合があります。この情報を参考にすることで、解体工事の予算を立てる際のベースとなる金額を把握することができます。また、解体費用の詳細項目や費用の内訳が記載されている場合もありますので、より具体的な予算計画を立てる上で役立ちます。

さまざまな解体業者のウェブサイトを比較することで、解体費用の相場を把握することができます。解体業者によって料金体系やサービス内容が異なるため、複数の業者を調べて比較検討することが重要です。また、口コミサイトやレビューサイトなどもチェックすることで、実際に解体工事を行った人々の評判や評価を知ることができます。

ただし、公開されている費用情報はあくまで目安となるものであり、実際の費用は現地調査や見積もりに基づいて決定されます。解体工事には建物の規模や構造、立地条件などさまざまな要素が関与するため、個別の状況によって費用が変動することを念頭においておきましょう。

公開されている費用情報は、解体費用の相場を知る上で有用な情報源です。解体業者のウェブサイトや関連サイトをチェックし、複数の情報を比較検討することで、より具体的な解体費用を把握することができます。ただし、費用は個別の状況によって変動するため、現地調査や見積もりをもとに最終的な予算計画を立てることが重要です。

解体工業の情報

解体工業に関する情報は、解体費用を詳しく知るために必要な情報です。解体工業にはさまざまな専門知識や技術が求められますので、それらの情報を活用することで解体費用の算出や予算計画を立てることができます。

解体工業に関する情報は、解体業者のウェブサイトや専門の書籍・雑誌、業界団体のウェブサイトなどから入手することができます。これらの情報を調査することで、解体工事の手法や技術、最新の機械や設備などについて詳しく知ることができます。

さらに、解体工業に関する情報を駆使することで、解体費用を抑える方法や効率的な解体工事の進め方を学ぶこともできます。解体工業には各種の技術やノウハウが存在し、それを適切に活用することで作業効率を向上させることが可能です。例えば、効率的な作業手順や最新の解体機械の活用法などを学ぶことで、解体工事のコストを削減することができます。

また、解体工業の情報を収集することで、信頼できる解体業者を選ぶことも重要です。解体工事は大切な作業であり、安全性や品質には十分な配慮が求められます。業者の技術力や実績、許可や資格の有無などを確認することで、信頼できる業者を選ぶことができます。

解体工業に関する情報を調査し、適切な情報を活用することで、解体費用の算出や予算計画をより具体的に立てることができます。解体工業にはさまざまな技術やノウハウが存在し、それらを活かすことで作業効率を向上させることができます。また、信頼できる業者を選ぶことも重要です。適切な情報を収集し、解体工事を円滑かつ効率的に進めるために、解体工業についての情報を活用しましょう。

まとめ

解体費用を知って、上手に解体を進めるためのポイントを覚えておきましょう。

解体費用の理解

解体費用の理解は、解体工事を進める上で重要なポイントです。解体費用は、建物の規模や構造、解体作業の難易度などに基づいて計算されます。そのため、正確な費用把握が必要です。

建物の規模や構造は解体費用に大きく影響します。一般的に、建物が大きければ解体費用も高くなります。また、木造建築や鉄骨造、ブロック塀などの構造によっても費用が異なります。これらの要素を正確に把握することで、解体費用の予算を立てることができます。

さらに、解体後の廃棄物処理費用も解体費用に含まれることが多いです。解体工事からは大量の廃棄物が発生するため、それらを適切に処理するための費用も考慮する必要があります。

解体費用を正確に把握することで、予算内で効率的に解体工事を進めることができます。見積もりの段階で複数の業者の見積もりを比較することや、解体費用の概算を把握するために公開されている情報や解体工業の情報を参考にすることが重要です。

また、解体費用だけでなく、廃棄物処理費用や解体工事のスケジュール、安全性にも注意を払う必要があります。信頼できる業者を選ぶことや、解体工事の計画段階から正確な情報を集めることが重要です。

解体費用をしっかりと理解し、予算を把握することで、無駄な出費を避けながら効率的な解体工事を進めることができます。建物の規模や構造、廃棄物処理費用などを考慮に入れて具体的な費用を把握し、解体工事の予算計画を立てましょう。

解体費用の節約

解体費用を節約する方法もあります。見積もりの比較や補助・助成金の活用などを考慮することで、費用を削減することができます。

まず、見積もりの比較は効果的な節約方法です。複数の業者から見積もりを取得し、金額だけでなく工事内容やスケジュールも比較しましょう。低価格だけでなく、信頼性や品質も重要な要素です。複数の見積もりを比較することで、適正な価格設定の業者を選ぶことができます。

また、補助・助成金の活用も解体費用の節約に役立ちます。自治体によっては解体費用に対して補助金を出している場合があります。対象物件となる場合は、補助金を申請してみましょう。補助・助成金の利用には一定の手続きが必要ですが、費用の一部を補填できるため、結果的に総費用を抑えることができます。

その他にも解体費用を節約するための方法があります。たとえば、解体工事の一部を自分で行う方法も考慮に入れることができます。自身で取り外せる建材の撤去や、解体物の一部を再利用することで費用を削減することができます。ただし、安全性と法律を遵守することが最優先ですので、十分な知識と技術が必要です。

解体費用を節約するためには、情報収集と効果的な費用対策が重要です。見積もりの比較や補助・助成金の活用だけでなく、自身でできる作業の範囲を確認することも有益です。適切な情報収集と計画的な予算編成を行い、無駄な出費を抑えながら解体費用を最適化しましょう。

解体費用についてのQ&A

解体費用についてよくある質問とその答えを簡単にまとめました。

解体費用はいくら覚悟すればいい?

解体費用は建物の規模や構造、解体作業の難易度などによって大きく変わるため、一概には言えません。解体費用を正確に把握するためには、自分の建物の状況に合わせて業者と相談することが重要です。

解体費用を知るためには、まず複数の解体業者から見積もりを取ることがオススメです。業者に建物の詳細な情報を提供し、見積もりを依頼しましょう。建物の規模や構造、解体作業のスケジュールなどを伝えることで、より正確な費用を算出してもらうことができます。

また、解体費用を知るためには公開されている情報を参考にすることも有効です。解体業者のウェブサイトや関連サイト、業界の公式サイトなどで一般的な解体費用の相場を調べることができます。ただし、この情報は目安となるものであり、建物の具体的な状態によって費用は変動することを念頭に置いておきましょう。

解体費用は、建物の特性や状況によって異なるため、一定の覚悟を持って臨む必要があります。建物の規模や構造を正確に把握し、複数の業者から見積もりを取得することで、より具体的な費用を把握することができます。また、公開されている情報を参考にすることも重要です。解体費用をきちんと把握し、予算を立てることで、円滑かつ効率的な解体工事を進めることができます。

費用を安く抑える方法は?

解体費用を安く抑えるためには、いくつかの方法があります。

まず、見積もりの比較は効果的な方法です。複数の業者から見積もりを取得し、料金だけでなく工事内容やスケジュールも比較しましょう。また、過去の実績や口コミを参考に、信頼できる業者を選ぶことも重要です。

次に、補助・助成金の活用があります。自治体によっては解体費用に対して補助金を出している場合もあります。対象となる場合は、この補助金を活用することで費用を削減することができます。

また、自身でできる作業の範囲を確認することも有益です。解体の一部作業を自分で行うことで、費用を抑えることができます。ただし、安全面や法的な規制などに十分に注意することが必要です。

それ以外にも、解体工事の予定時期を適切に計画することも費用削減のポイントです。解体需要がピーク時であれば費用が上昇することがあるため、解体業者と相談しながら最適な時期を選ぶことが重要です。

解体費用を安く抑えるためには、見積もりの比較、補助・助成金の活用、自身でできる作業の範囲確認などの方法を検討することが重要です。また、解体工事の予定時期を適切に計画することも効果的です。これらの方法を組み合わせて、予算内で効率的な解体工事を進めましょう。

最後に

解体費用を正確に把握し、無駄なく解体工事を進行させることは非常に重要です。そのための情報をこの記事で提供しました。

解体費用の理解と活用

解体費用を正確に理解し、適切に活用することは、円滑な解体工事の進行に不可欠です。

まず、解体費用の基礎知識を習得しましょう。建物の規模や構造、解体後の廃棄物処理費用などが費用に影響します。これらの要素を把握することで、より具体的な予算計画を立てることができます。

次に、見積もりの比較や補助・助成金の活用を検討しましょう。複数の業者から見積もりを取得し、費用や工事内容を比較することで、適正な価格と信頼できる業者を選ぶことができます。補助・助成金がある場合は、その制度を活用して費用を削減できるか確認しましょう。

さらに、解体費用の節約方法も探求しましょう。自身でできる作業や再利用可能な部材の活用など、費用を抑える方法があります。ただし、安全性や法的な制約に注意しながら行う必要があります。

解体費用の理解と活用により、工事の予算を把握し、無駄な出費を抑えながら効率的に解体工事を進めることができます。建物の規模や構造、廃棄物処理費用などを正確に把握し、見積もりの比較や補助・助成金の活用を適切に行いましょう。また、費用節約の方法も検討し、予算内で円滑な解体工事を実現しましょう。

よりよい解体計画の進め方

より良い解体計画を進めるためには、情報収集と計画性が重要です。

まず、解体に関する情報を集めましょう。解体工事の手法や技術、最新の機械や設備についての知識を増やすことで、効率的な解体計画を立てることができます。

次に、解体計画を具体的に立てましょう。解体の順序や作業スケジュール、廃棄物処理の方法など、細かな工程を考慮に入れることが重要です。これにより、解体工事が円滑に進行し、効率的に費用を抑えることができます。

また、信頼できる業者の選定も大切です。実績や口コミを調べ、信頼性の高い業者を選ぶことで、作業品質やスケジュール管理において安心感を得ることができます。

さらに、安全性にも十分な配慮が必要です。解体工事は危険な作業であり、事故やトラブルを防ぐために安全対策を徹底しましょう。適切な作業手順や必要な保護具の使用など、安全への意識を高めることが重要です。

より良い解体計画を進めるためには、情報収集と計画性が不可欠です。解体に関する情報を集め、具体的な計画を立てることで効率的な解体工事を実現しましょう。信頼できる業者の選定や安全対策も忘れずに行うことで、円滑な解体工事を進めることができます。

東京都練馬区
内のエリア紹介
  • 高松
  • 高松一丁目
  • 高松二丁目
  • 高松三丁目
  • 高松四丁目
  • 高松五丁目
  • 高松六丁目
  • 富士見台
  • 富士見台一丁目
  • 富士見台二丁目
  • 富士見台三丁目
  • 富士見台四丁目
  • 南田中
  • 南田中一丁目
  • 南田中二丁目
  • 南田中三丁目
  • 南田中四丁目
  • 南田中五丁目
  • 高野台
  • 高野台一丁目
  • 高野台二丁目
  • 高野台三丁目
  • 高野台四丁目
  • 高野台五丁目
  • 谷原
  • 谷原一丁目
  • 谷原二丁目
  • 谷原三丁目
  • 谷原四丁目
  • 谷原五丁目
  • 谷原六丁目
  • 氷川台
  • 氷川台一丁目
  • 氷川台二丁目
  • 氷川台三丁目
  • 氷川台四丁目
  • 早宮
  • 早宮一丁目
  • 早宮二丁目
  • 早宮三丁目
  • 早宮四丁目
  • 春日町
  • 春日町一丁目
  • 春日町二丁目
  • 春日町三丁目
  • 春日町四丁目
  • 春日町五丁目
  • 春日町六丁目
  • 羽沢
  • 羽沢一丁目
  • 羽沢二丁目
  • 羽沢三丁目
  • 平和台
  • 平和台一丁目
  • 平和台二丁目
  • 平和台三丁目
  • 平和台四丁目
  • 南大泉
  • 南大泉一丁目
  • 南大泉二丁目
  • 南大泉三丁目
  • 南大泉四丁目
  • 南大泉五丁目
  • 南大泉六丁目
  • 光が丘
  • 光が丘一丁目
  • 光が丘二丁目
  • 光が丘三丁目
  • 光が丘四丁目
  • 光が丘五丁目
  • 光が丘六丁目
  • 光が丘七丁目
  • 三原台
  • 三原台一丁目
  • 三原台二丁目
  • 三原台三丁目
  • 東大泉
  • 東大泉一丁目
  • 東大泉二丁目
  • 東大泉三丁目
  • 東大泉四丁目
  • 東大泉五丁目
  • 東大泉六丁目
  • 東大泉七丁目
  • 旭町
  • 旭町一丁目
  • 旭町二丁目
  • 旭町三丁目
  • 西大泉
  • 西大泉一丁目
  • 西大泉二丁目
  • 西大泉三丁目
  • 西大泉四丁目
  • 西大泉五丁目
  • 西大泉六丁目
  • 豊玉南
  • 豊玉南一丁目
  • 豊玉南二丁目
  • 豊玉南三丁目
  • 豊玉北
  • 豊玉北一丁目
  • 豊玉北二丁目
  • 豊玉北三丁目
  • 豊玉北四丁目
  • 豊玉北五丁目
  • 豊玉北六丁目
  • 中村南
  • 中村南一丁目
  • 中村南二丁目
  • 中村南三丁目
  • 豊玉中
  • 豊玉中一丁目
  • 豊玉中二丁目
  • 豊玉中三丁目
  • 豊玉中四丁目
  • 旭丘
  • 旭丘一丁目
  • 旭丘二丁目
  • 豊玉上
  • 豊玉上一丁目
  • 豊玉上二丁目
  • 栄町
  • 桜台
  • 桜台一丁目
  • 桜台二丁目
  • 桜台三丁目
  • 桜台四丁目
  • 桜台五丁目
  • 桜台六丁目
  • 中村
  • 中村一丁目
  • 中村二丁目
  • 中村三丁目
  • 向山
  • 向山一丁目
  • 向山二丁目
  • 向山三丁目
  • 向山四丁目
  • 中村北
  • 中村北一丁目
  • 中村北二丁目
  • 中村北三丁目
  • 中村北四丁目
  • 練馬
  • 練馬一丁目
  • 練馬二丁目
  • 練馬三丁目
  • 練馬四丁目
  • 小竹町
  • 小竹町一丁目
  • 小竹町二丁目
  • 貫井
  • 貫井一丁目
  • 貫井二丁目
  • 貫井三丁目
  • 貫井四丁目
  • 貫井五丁目
  • 関町南
  • 関町南一丁目
  • 関町南二丁目
  • 関町南三丁目
  • 関町南四丁目
  • 上石神井南町
  • 下石神井
  • 下石神井一丁目
  • 下石神井二丁目
  • 下石神井三丁目
  • 下石神井四丁目
  • 下石神井五丁目
  • 下石神井六丁目
  • 上石神井
  • 上石神井一丁目
  • 上石神井二丁目
  • 上石神井三丁目
  • 上石神井四丁目
  • 立野町
  • 関町東
  • 関町東一丁目
  • 関町東二丁目
  • 関町北
  • 関町北一丁目
  • 関町北二丁目
  • 関町北三丁目
  • 関町北四丁目
  • 関町北五丁目
  • 石神井台
  • 石神井台一丁目
  • 石神井台二丁目
  • 石神井台三丁目
  • 石神井台四丁目
  • 石神井台五丁目
  • 石神井台六丁目
  • 石神井台七丁目
  • 石神井台八丁目
  • 石神井町
  • 石神井町一丁目
  • 石神井町二丁目
  • 石神井町三丁目
  • 石神井町四丁目
  • 石神井町五丁目
  • 石神井町六丁目
  • 石神井町七丁目
  • 石神井町八丁目
  • 田柄
  • 田柄一丁目
  • 田柄二丁目
  • 田柄三丁目
  • 田柄四丁目
  • 田柄五丁目
  • 錦一丁目
  • 錦二丁目
  • 北町
  • 北町一丁目
  • 北町二丁目
  • 北町三丁目
  • 北町四丁目
  • 北町五丁目
  • 北町六丁目
  • 北町七丁目
  • 北町八丁目
  • 土支田
  • 土支田一丁目
  • 土支田二丁目
  • 土支田三丁目
  • 土支田四丁目
  • 大泉町
  • 大泉町一丁目
  • 大泉町二丁目
  • 大泉町三丁目
  • 大泉町四丁目
  • 大泉町五丁目
  • 大泉町六丁目
  • 大泉学園町
  • 大泉学園町一丁目
  • 大泉学園町二丁目
  • 大泉学園町三丁目
  • 大泉学園町四丁目
  • 大泉学園町五丁目
  • 大泉学園町六丁目
  • 大泉学園町七丁目
  • 大泉学園町八丁目
  • 大泉学園町九丁目
  • 西大泉町
東京都練馬区近隣のエリア紹介
  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文京区
  • 台東区
  • 墨田区
  • 江東区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区
  • 板橋区
  • 足立区
  • 葛飾区
  • 江戸川区
  • 八王子市
  • 立川市
  • 武蔵野市
  • 三鷹市
  • 青梅市
  • 府中市
  • 昭島市
  • 調布市
  • 町田市
  • 小金井市
  • 小平市
  • 日野市
  • 東村山市
  • 国分寺市
  • 国立市
  • 福生市
  • 狛江市
  • 東大和市
  • 清瀬市
  • 東久留米市
  • 武蔵村山市
  • 多摩市
  • 稲城市
  • 羽村市
  • あきる野市
  • 西東京市
  • 瑞穂町
  • 日の出町
  • 檜原村
  • 奥多摩町
  • 大島町
  • 新島村
  • 三宅村
  • 八丈町
  • 青ヶ島村
  • 小笠原村
合同会社澤井総合
合同会社澤井総合
拠点のある東京を中心に、マンションの一室のリノベーションからリフォーム、総合解体まで幅広く対応しております。お客様からの一つひとつの要望に丁寧にお応えし、見た目にこだわった作業を心掛けております。
合同会社澤井総合

〒175-0045

東京都板橋区西台2-25-11-101