練馬区での解体工事について理解を深める!

query_builder 2024/03/13 解体 費用 木造 アスベスト
この記事では練馬区での解体工事についての基本的な知識を提供します。業者選びの考え方から見積りのポイント、木造住宅の特性など、解体工事に関する情報を豊富に取り揃えています。
合同会社澤井総合
合同会社澤井総合
拠点のある東京を中心に、マンションの一室のリノベーションからリフォーム、総合解体まで幅広く対応しております。お客様からの一つひとつの要望に丁寧にお応えし、見た目にこだわった作業を心掛けております。
合同会社澤井総合
住所:

〒175-0045

東京都板橋区西台2-25-11-101

電話番号:
03-6913-0490

解体工事とは

解体工事は、建物を新たに建て替えるためや用途変更のために実施されます。全体の流れや手続きについてみてみましょう。

解体工事の手続き

解体工事を始める前には、まず解体許可を取得する必要があります。練馬区では、建物の種類や規模に応じた手続きが求められます。具体的には、解体計画書の提出や関係書類の準備、練馬区建築課への申請手続きなどがあります。

解体計画書は、解体する建物の詳細な情報や解体方法、安全施策などを記載した書類です。練馬区では、この書類を提出することが必要です。また、建築物の保存状況や密集度、周辺環境なども考慮され、解体許可が下りるかどうか決定されます。

解体許可を得た後は、業者との契約を進めることになります。練馬区内での解体工事を行う場合は、解体業者に対して練馬区への登録や所定の要件を満たしていることが要求されます。業者の選定においては、実績や信頼性を確認することが重要です。

また、解体工事の安全確認も欠かせません。解体現場の安全確保は、作業員の安全だけでなく周辺住民や通行人の安全も保障するために必要です。練馬区では、解体計画書に基づいた安全対策の実施や工事現場の適切な封鎖、作業員の安全教育などを求めています。

解体工事の手続きは煩雑なものですが、これらの適切な手続きを踏むことにより、解体工事を円滑に進めることができます。練馬区では、解体工事の安全性や周辺への影響を最小限に抑えるために様々な規制や基準を設けています。計画的かつ適切な手続きを行いながら、解体工事を進めましょう。

解体工事の流れ

解体工事の流れは、工事前の設備調査から始まり、解体作業、最終的な清掃まで一連の流れがあります。練馬区内での解体工事を行う場合、以下の手順を順に進めていきます。

まず、工事前の設備調査が行われます。これは、解体対象となる建物の内部や周辺環境の調査を行うことです。練馬区では、解体の際に発生する騒音や振動、粉じんなどの影響を最小限に抑えるために、設備調査が必要とされています。

次に、解体作業が行われます。解体作業は、解体計画書に基づいて行われます。練馬区では、解体作業の安全性と効率性の確保が求められています。作業は、解体する部分から順番に進められ、周辺の建物や設備への影響を最小限にするために注意が払われます。

解体作業が完了した後は、最終的な清掃が行われます。解体に伴って発生する残渣や廃材の処理を行います。練馬区では、廃棄物の適切な処理が求められており、解体工事業者は分別や適切な処理方法に注意を払う必要があります。

解体工事の流れは煩雑なものですが、練馬区では解体の適正化に向けた取り組みを進めています。環境への配慮や周辺住民への配慮が求められるため、解体工事を行う際は練馬区の指針や基準に従いながら、スムーズに作業を進めましょう。

解体工事の手続きと流れを理解しておくことは、練馬区での解体工事を円滑に進める上で重要です。計画的に進めることにより、安全かつ効率的な解体工事を実現することができます。練馬区内の解体工事を検討する際は、手続きと流れを把握した上で適切な業者との協力を得て、スムーズな解体工事を進めましょう。

業者選びのポイント

信頼できる業者選びは解体工事の成功にとって欠かせません。選ぶにあたって重要な点を押さえておきましょう。

信頼性の確認

信頼性の確認は、解体工事を進める上で非常に重要なポイントです。練馬区での解体工事を考えている場合、以下の点を押さえて業者の信頼性を確認しましょう。

まずは業者の実績を調べることが重要です。解体工事は建物の取り壊しや安全な処理が求められるため、経験豊富な業者を選ぶことが安心・安全な工事進行のためには不可欠です。インターネット上の口コミや評価、過去の実績などを調べることで、業者の信頼性をざっくりと判断することができます。

また、業者が所属している団体や組合、資格の有無も信頼性の指標となります。練馬区では、解体工事業者に対して一定の要件を求めており、所定の登録や資格取得が必要です。これらの要件をクリアしている業者は、区の指針に沿って適切な工事を行っている可能性が高く、信頼性があると言えます。

さらに、業者とのやり取りや対応をチェックすることも重要です。業者とのコミュニケーションが円滑に行われ、親身に対応してくれるかどうかは、信頼性を判断する上で重要な要素です。見積もりの提出や質問への回答、納期の遵守など、業者の対応がスムーズかつ丁寧であるかを確認しましょう。

信頼性の確認は解体工事の成功に直結する重要なステップです。練馬区での解体工事を検討する際は、業者の実績や所属団体、対応力などを確認し、信頼性の高い業者を選ぶことが大切です。信頼できる業者との協力により、安全かつスムーズな解体工事を実現しましょう。

明瞭な見積もり

業者選びにおいて重要なポイントの一つが明瞭な見積もりです。練馬区での解体工事を行う際には、複数の業者から見積もりを取ることが一般的です。以下に、明瞭な見積もりのポイントを紹介します。

まずは、見積もりの内容が具体的であることが求められます。解体範囲や解体作業の手順、使用する機材や材料、工事の所要日数など、細かな項目が明記された見積もりを作成してもらいましょう。これにより、業者との共通認識ができ、後々のトラブルや誤解を防ぐことができます。

また、見積もりには工事費用が明確に記載されていることも重要です。解体工事には解体作業費、搬出費、処分費などが含まれます。それぞれの項目ごとに費用が明示され、合計金額も明確に示されているかを確認しましょう。これにより、費用の予算管理や比較がしやすくなります。

さらに、見積もりの有効期限や支払い条件も注目すべき点です。一定期間内に契約を結ばなければ見積もりが無効になる場合や、支払い方法や分割払いの可否などについて明記されているかを確認しましょう。これにより、契約に関するトラブルや不明瞭な条件が生じるリスクを回避することができます。

明瞭な見積もりを提出してくれる業者を選ぶことは、解体工事におけるトラブルや予算のコントロールにおいて重要です。練馬区内での解体工事を検討する際は、細かな項目が明記された具体的な見積もりを提示してくれる業者を選ぶようにしましょう。明確な費用や条件を知ることで、安心して工事を進めることができます。

木造建築と解体工事

木造建築は解体工事において特殊なものです。その特性について説明します。

木造建築の特性

木造建築は解体工事において特殊な特性を持っています。練馬区での解体工事を考えている場合、以下の特性を知っておくとよいでしょう。

まず、木造建築は素材自体が軽量化しているため、解体工事も比較的容易に行うことができます。木材の軽さにより、解体作業の際の負荷が軽減されます。また、木造建築は鉄骨やコンクリートに比べて強靭さや耐久性に劣る傾向がありますので、解体作業の手順も簡素化することができます。

さらに、木造建築の解体は一般的に工期が短くなる傾向があります。木材が軽く扱いやすいため、解体作業が迅速に進むことができます。これにより、工期の短縮や工事のスケジュール管理の柔軟性が高まります。

また、木造建築の解体工事費用は、他の種類の建築物に比べて一般的には低くなる傾向があります。木材の取り外しや処分の費用が他の建築物に比べて相対的に抑えられることが主な要因です。解体工事費用を抑えたい方にとって、木造建築はコスト効率の良い選択肢と言えるでしょう。

木造建築の特性を理解しておくことは、解体工事を計画する上で重要です。練馬区内においては、木造住宅が多く存在していますので、木造建築に特化した業者選びや解体計画の立案が求められます。木造建築の軽さや解体の容易さ、工期の短縮効果、費用の削減などを考慮しながら、効果的な解体工事を進めましょう。

木造建築の解体工事費用

木造建築の解体工事費用は他の種類の建築物に比べて一般的には低くなる傾向があります。その理由を見ていきましょう。

まず、木造建築の解体では、木材の取り外しや処分の費用が他の建築物に比べて相対的に少なくなる傾向があります。木材は再利用が可能であり、特定の条件を満たせば再販売やリサイクルが可能です。そのため、解体時において木材の価値が高まり、廃棄物の処理費用を大幅に削減することができます。

また、木造建築は素材の軽さが特徴です。これにより解体作業が容易に行えるため、労働力や機材の費用を節約することが可能です。さらに、解体作業の工期が短縮されることにより、人件費や賃借料などの経費を削減することができます。

ただし、木造建築の解体工事費用は個別の条件や要件によって異なる場合があります。解体する建物の規模や構造、解体作業の手順や安全対策のニーズなどによって費用が変動するため、一概には言えません。そのため、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが大切です。

解体工事費用を抑えたい場合には、木造建築を適切に処理することが重要です。練馬区内での解体工事を検討する場合は、木造建築の解体に特化した業者を選ぶことが推奨されます。また、木材の再利用やリサイクルに関心を持ちながら解体工事を進めることで、費用の削減と環境への配慮を両立させることができます。

内装解体とは

内装解体は一般の解体工事とは異なる部分があります。その概要と特性を知っておきましょう。

内装解体の概要

内装解体は一般の解体工事とは異なる特徴を持っています。練馬区で内装解体を行う際には、その概要を把握しておくことが重要です。

まず、内装解体は建物の内部のみを対象に解体するものです。具体的には、壁、床、天井、ドア、窓などの内部の構造物や設備などを取り払っていく作業です。外部の骨組みや基礎構造には手を加えず、内部のレイアウトや装飾を変更する場合に行われることが多いです。

内装解体は通常、建物の改装やリノベーション、再利用などの目的で行われます。例えば、古い建物の内部を近代的なオフィススペースに改装する場合や、店舗の内装を一新する場合に内装解体が必要となります。内部の壁や天井を取り払い、キレイなスペースを作り出すことができます。

内装解体には、専門的な知識が要求される場合があります。特に、再利用する設備や配管などがある場合には取り外しや適切な処理の方法を把握しておくことが重要です。また、内装解体では建物の構造や柱などに与える影響を考慮する必要があります。作業を行う際には、建物の安全性を確保するために注意が必要です。

内装解体は建物の外観や基本構造に大きな変化を与えず、内部の空間を再構築するための手法です。そのため、内装解体は外部への影響が少なく、比較的迅速に作業が進められることが特徴です。

練馬区で内装解体を検討する際には、専門的な知識と経験を持った業者の協力を得ることが重要です。適切な作業方法や安全対策を踏まえ、内部のレイアウト変更や改装をスムーズに実現するために、内装解体に関する概要を把握しておきましょう。

内装解体の注意点

内装解体にはいくつかの注意点があります。練馬区で内装解体を検討する際には、以下のポイントに注意を払いましょう。

まず、内装解体では配管や設備などの再利用を考慮することが重要です。古い建物の内部にはまだ利用できる配管や設備がある可能性があります。これらの再利用すべき部分を見極め、適切に取り外す必要があります。業者選びの際には、内装解体に精通した専門家を選ぶことが大切です。

また、内装解体では解体作業に伴う騒音や振動に注意が必要です。解体作業は建物の内部で行われるため、周囲の住民や近隣の施設への影響を最小限に抑えることが求められます。練馬区では、騒音や振動などの制限が設けられていますので、これらの基準を遵守する必要があります。

さらに、内装解体では安全対策が欠かせません。解体作業は建物の内部で行われるため、作業員の安全確保が重要です。練馬区では、内装解体における安全対策に関する基準を定めています。業者の選定においては、安全管理体制がしっかりしている業者を選ぶことが大切です。

内装解体は、建物の内部を取り払って新たな空間を作り出すための作業です。しかし、注意が必要な点も存在します。配管や設備の再利用、騒音や振動の制限、作業員の安全確保など、これらのポイントを把握しておくことで、内装解体工事を円滑に進めることができます。

練馬区内で内装解体を行う際は、練馬区の規定や基準に基づいて安全かつ適切な作業を行うことが求められます。内装解体に関する注意点を頭に入れ、信頼性の高い業者と協力して工事を進めましょう。

アスベストと解体工事

解体工事においては、アスベストを含む建材についての知識も必要です。その対策と予防について知っておきましょう。

アスベストとは

アスベストは、過去の建材に広く使用されていた物質です。練馬区で解体工事を行う際には、アスベストについての知識を持つことが重要です。

アスベストは、耐熱性や断熱性に優れた性質を持つ繊維状の鉱石です。そのため、建材として広く利用されてきました。特に、断熱材、防音材、防火材、吸音材などの用途で使用されていました。

しかし、アスベストには人体に対して有害な影響があることが判明しました。特に、アスベスト繊維を吸い込んだり摂取したりすることによって、呼吸器疾患やがんのリスクが高まることが知られています。そのため、現在ではアスベストの使用は制限されており、安全に扱われるよう厳しい規制が存在します。

練馬区では、アスベストを含む建材を処理する際には、専門的な知識を持つ業者に依頼することが求められています。アスベストを含む建材の取り扱いには特別な注意が必要であり、適切な処理方法が遵守されることが重要です。

建物の解体工事を行う際、特に古い建築物ではアスベストを含む建材が使用されている可能性があるため、事前にアスベスト調査を行うことも重要です。アスベストの有無を確認し、必要な対策を講じることによって、作業員や周囲の安全を確保することができます。

アスベストは建材として広く使われてきた物質ですが、その有害性が認識された現在では適切な処理が求められます。練馬区で解体工事を行う際には、アスベストについての正しい知識を持ち、対策を講じることが重要です。安全な解体工事を実現するために、アスベストに関する情報を正しく把握しましょう。

アスベスト対策

アスベストを含む建材に対する適切な対策を講じることは、解体工事において非常に重要です。練馬区での解体工事を検討する際には、以下のアスベスト対策に注意を払いましょう。

まず、アスベストの有無を事前に調査することが重要です。古い建築物や特定の建材にはアスベストが使用されている可能性があるため、解体前に専門の調査を行いましょう。練馬区では、アスベスト調査を実施することが求められています。

アスベストが確認された場合は、専門の業者による適切な除去処理が必要です。アスベストは繊維状の物質であるため、取り扱いや処理が非常にデリケートです。練馬区では、アスベスト除去業者の登録や資格取得が求められており、正確かつ安全な処理を行える業者を選ぶ必要があります。

また、アスベストを取り扱う際には、適切な安全対策を講じることも重要です。作業員は適切な防護具を着用し、作業現場を封鎖してアスベストの拡散を防ぐなどの対策を行う必要があります。安全な作業環境を整えることで、作業員の健康と周囲の安全を確保することができます。

アスベストの取り扱いには専門的な知識と経験が必要です。練馬区では、アスベストに関する規制や基準が定められていますので、これらを遵守することが求められます。特にアスベスト除去作業を行う場合は、練馬区のガイドラインに基づき、安全かつ適切な作業を行うことが必要です。

アスベスト対策は解体工事において欠かせない要素です。練馬区での解体工事を行う際には、アスベストに関する情報を正しく把握し、調査と適切な処理を行うことが重要です。安全で環境に配慮した解体工事を行うために、アスベスト対策に十分な注意を払いましょう。

解体工事の安全対策

安全対策は、解体工事においてとても大切です。適切な手続きと業者の選択は欠かせません。

適切な手続き

解体工事において適切な手続きを踏むことは非常に重要です。練馬区での解体工事を検討する際には、以下の手続きを順守しましょう。

まず、事前に設備調査を行うことが求められます。解体する建物の内部や周辺環境の調査を行い、騒音や振動、粉じんなどの影響を最小限に抑えるための計画を立てます。練馬区では、設備調査の結果を踏まえて解体計画を作成することが求められています。

次に、解体許可を取得する必要があります。練馬区では、解体工事に先立って解体許可を申請することが義務付けられています。解体許可のためには、建物の種類や規模に応じた手続きが求められます。解体許可を得ることにより、解体工事を正式に始めることができます。

また、業者との契約も重要な手続きの一つです。業者との契約内容は細かく明確化し、作業の範囲やスケジュール、費用について合意する必要があります。契約書には、業者の責任範囲や安全対策なども含めて明確に記載することが大切です。

さらに、解体工事においては事前の安全対策も欠かせません。解体作業によって発生する騒音や振動、粉じんなどによる影響を最小限にするために、周辺の建物や設備の保護、安全な作業場の確保などが求められます。練馬区では、安全対策の実施が規定されています。

練馬区での解体工事をスムーズに進めるためには、適切な手続きを行うことが不可欠です。設備調査の実施、解体許可の取得、業者との契約、安全対策の徹底など、これらの手続きを遵守することで、解体工事を安全かつ円滑に進めることができます。

業者の安全性

業者の選択において、安全性を確認することも重要です。練馬区での解体工事を検討する際には、以下のポイントに注目しましょう。

まず、業者の安全管理体制を確認することが重要です。解体工事は危険を伴う作業とされていますので、業者が徹底した安全管理を行っているかを確認しましょう。安全な作業場の確保、適切な防護具の着用、作業員への安全教育など、安全対策を講じている業者を選ぶことが求められます。

また、業者の資格や経験も信頼性を判断する上で重要な要素です。解体工事には専門的な知識や技術が必要ですので、業者が適切な資格を保持し、実績を持っていることを確認しましょう。アスベストなど特殊な物質を含む建材の取り扱いにも熟知している業者を選ぶことが重要です。

さらに、過去の顧客の評判や口コミも参考になります。インターネット上での評価や口コミを調べることで、業者の信頼性や安全性についての情報を得ることができます。実績や信頼性の高い業者を選ぶことで、工事の安全性や品質を確保することができます。

業者の安全性を確認することは、解体工事において欠かせません。練馬区での解体工事を行う際は、業者の安全管理体制や資格・経験、評判などをしっかりと把握し、信頼性の高い業者を選ぶようにしましょう。安全な解体工事の実現のために、適切な業者との協力が不可欠です。

解体工事の費用とその内訳

解体工事の費用は、計画を立てる上での重要な情報です。費用の内訳や節約方法を理解しましょう。

費用の内訳

解体工事の費用は、基本的には解体作業費、搬出費、処分費などから構成されます。練馬区で解体工事を検討する際には、以下の費用の内訳を理解しておくと良いでしょう。

まず、解体作業費が最も大きな費用の一部を占めます。これは、実際に建物を解体するための作業に伴う費用です。解体作業費は、建物の規模や構造、解体の難易度などによって異なります。通常は、解体作業に必要な人件費や機材代、資材費などが含まれます。

次に、搬出費が発生します。解体によって生じる廃材や残骸を処理するためには、それを適切な場所へ搬出する必要があります。この搬出費は、廃材の移動や運搬に伴う費用を指します。廃材の量や搬出距離、現場の立地などによって搬出費用は異なります。

そして、処分費も費用の一部を占めます。解体によって発生した廃材は、適切に処理・廃棄する必要があります。処分費は、廃棄物処理施設への料金や廃棄物処理業者への支払いなどを指します。廃材の種類や量、処分方法によって処分費用は変化します。

練馬区での解体工事の費用は、これらの内訳によって構成されます。解体作業費、搬出費、処分費など、それぞれの費用がどの程度かかるかは、建物の規模や条件によって異なります。業者との契約時に見積もりを取り、内訳を明確にすることで、費用の把握や予算管理がしやすくなります。

節約の方法

解体工事において、節約の方法を考えることは重要です。練馬区で解体工事を行う際には、以下のポイントを押さえて費用を節約しましょう。

まず、具体的な解体計画を立てることが重要です。解体のスケジュールや手順、必要な作業員や機材の数など、詳細な計画を立てることで無駄な作業や費用の発生を抑えることができます。また、余計な工程や作業の重複を避けることも重要です。

次に、複数の業者から見積もりを取ることで、費用面での比較ができます。解体工事の相場や業者の料金設定は異なる場合がありますので、複数の見積もりを比較検討しましょう。ただし、安価な業者が必ずしも品質や安全面で優れているわけではありませんので、価格だけで判断せず、実績や信頼性も考慮しましょう。

また、解体前に再利用できる部材や資材があるか確認しましょう。解体時に廃棄される予定のものでも、再利用可能なものがあるかもしれません。再利用により、新たな購入費用を抑えることができます。ただし、再利用する場合には適切な取り扱いや搬出方法に注意が必要です。

さらに、解体工事にかかる費用を抑える方法として、工事のスケジュールを柔軟に調整することも考えられます。例えば、混雑しやすい時期や土日祝日の工事を避け、料金が割安になる平日の工事を検討するなど、工期や時期を工夫することで費用の節約が可能です。

練馬区での解体工事を検討する際は、これらの節約の方法を考慮しましょう。具体的な解体計画の立案や複数の業者との比較、再利用や工事スケジュールの柔軟性を検討することによって、費用の削減ができます。バランスを取りながら、予算内で効率的な解体工事を進めましょう。

まとめ

各部分で学んだ解体工事についての知識をまとめて、解体工事に備えましょう。

解体工事の基本知識

解体工事の基本知識を押さえることは、練馬区での解体工事を考える上で重要です。

解体工事は建物を撤去し、新たな建築物や用途へと生まれ変わらせるために行われます。解体工事には、建物の解体許可の取得や業者の選定、安全確保、適切な処分など、さまざまな手続きと作業が必要です。

解体工事の流れは、設備調査や解体許可の申請から始まり、業者との契約、解体作業の実施、最終的な清掃までを含みます。練馬区では、設備調査の実施や解体許可の取得が必要であり、安全性や環境への配慮が求められています。

業者選びでは、信頼性や実績の確認、明瞭な見積もりの提出が重要です。信頼できる業者との契約により、安全かつスムーズな解体工事を進めることができます。

木造建築の解体工事では、軽量性や工期の短縮性、費用の削減などの特性があります。解体工事の費用は、解体作業費、搬出費、処分費などから構成されます。複数の業者から見積もりを取り、費用の内訳を把握することが大切です。

練馬区での内装解体においては、建物の内部のみを取り払う作業が行われます。配管や設備の再利用を考慮し、専門的な知識と適切な手続きを行うことが重要です。

また、解体工事におけるアスベストの対策も重要です。アスベストは過去の建材に広く使用されていましたが、人体に有害な影響があるため、適切な処理と安全対策が求められます。

解体工事における適切な手続きと正確な情報を持つことは、練馬区での解体工事を成功させるために不可欠です。安全性や環境保護に配慮しながら、適切な手続きを踏んだ解体工事を進めましょう。

これからの準備

これから解体工事を検討する方にとって、以下の準備が役立つでしょう。

まずは、解体工事に関する情報を積極的に収集しましょう。解体工事の基本知識や手続き、業者選びのポイントなどについて情報を集め、理解を深めることが重要です。練馬区のウェブサイトや公的な資料、解体工事業者のウェブサイトなどを参考にすると良いでしょう。

次に、予算とスケジュールを明確にすることが大切です。解体工事には費用がかかりますので、予算を設定し、それに応じた工事計画を立てましょう。また、解体工事のスケジュールも考慮し、必要な場合は早めに業者との打ち合わせを行うこともおすすめです。

さらに、信頼できる業者の選定を行いましょう。業者選びでは、業者の実績や信頼性を確認することが重要です。口コミや評価を参考にするだけでなく、業者との面談や見積もりの提出を行い、相性や信頼関係の構築にも時間をかけてください。

また、解体工事には許可や手続きが必要ですので、練馬区の要件や規制を確認しましょう。必要な書類や申請手続きについて理解し、解体許可を取得するための準備を進めることが重要です。

これらの準備を行うことで、解体工事をスムーズに進めることができます。予算やスケジュールの明確化、信頼できる業者の選定、適切な手続きの準備などを行いながら、具体的な計画を立ててみましょう。これにより、円滑な解体工事の実現と、スムーズな建物再生が可能となります。

東京都練馬区
内のエリア紹介
  • 高松
  • 高松一丁目
  • 高松二丁目
  • 高松三丁目
  • 高松四丁目
  • 高松五丁目
  • 高松六丁目
  • 富士見台
  • 富士見台一丁目
  • 富士見台二丁目
  • 富士見台三丁目
  • 富士見台四丁目
  • 南田中
  • 南田中一丁目
  • 南田中二丁目
  • 南田中三丁目
  • 南田中四丁目
  • 南田中五丁目
  • 高野台
  • 高野台一丁目
  • 高野台二丁目
  • 高野台三丁目
  • 高野台四丁目
  • 高野台五丁目
  • 谷原
  • 谷原一丁目
  • 谷原二丁目
  • 谷原三丁目
  • 谷原四丁目
  • 谷原五丁目
  • 谷原六丁目
  • 氷川台
  • 氷川台一丁目
  • 氷川台二丁目
  • 氷川台三丁目
  • 氷川台四丁目
  • 早宮
  • 早宮一丁目
  • 早宮二丁目
  • 早宮三丁目
  • 早宮四丁目
  • 春日町
  • 春日町一丁目
  • 春日町二丁目
  • 春日町三丁目
  • 春日町四丁目
  • 春日町五丁目
  • 春日町六丁目
  • 羽沢
  • 羽沢一丁目
  • 羽沢二丁目
  • 羽沢三丁目
  • 平和台
  • 平和台一丁目
  • 平和台二丁目
  • 平和台三丁目
  • 平和台四丁目
  • 南大泉
  • 南大泉一丁目
  • 南大泉二丁目
  • 南大泉三丁目
  • 南大泉四丁目
  • 南大泉五丁目
  • 南大泉六丁目
  • 光が丘
  • 光が丘一丁目
  • 光が丘二丁目
  • 光が丘三丁目
  • 光が丘四丁目
  • 光が丘五丁目
  • 光が丘六丁目
  • 光が丘七丁目
  • 三原台
  • 三原台一丁目
  • 三原台二丁目
  • 三原台三丁目
  • 東大泉
  • 東大泉一丁目
  • 東大泉二丁目
  • 東大泉三丁目
  • 東大泉四丁目
  • 東大泉五丁目
  • 東大泉六丁目
  • 東大泉七丁目
  • 旭町
  • 旭町一丁目
  • 旭町二丁目
  • 旭町三丁目
  • 西大泉
  • 西大泉一丁目
  • 西大泉二丁目
  • 西大泉三丁目
  • 西大泉四丁目
  • 西大泉五丁目
  • 西大泉六丁目
  • 豊玉南
  • 豊玉南一丁目
  • 豊玉南二丁目
  • 豊玉南三丁目
  • 豊玉北
  • 豊玉北一丁目
  • 豊玉北二丁目
  • 豊玉北三丁目
  • 豊玉北四丁目
  • 豊玉北五丁目
  • 豊玉北六丁目
  • 中村南
  • 中村南一丁目
  • 中村南二丁目
  • 中村南三丁目
  • 豊玉中
  • 豊玉中一丁目
  • 豊玉中二丁目
  • 豊玉中三丁目
  • 豊玉中四丁目
  • 旭丘
  • 旭丘一丁目
  • 旭丘二丁目
  • 豊玉上
  • 豊玉上一丁目
  • 豊玉上二丁目
  • 栄町
  • 桜台
  • 桜台一丁目
  • 桜台二丁目
  • 桜台三丁目
  • 桜台四丁目
  • 桜台五丁目
  • 桜台六丁目
  • 中村
  • 中村一丁目
  • 中村二丁目
  • 中村三丁目
  • 向山
  • 向山一丁目
  • 向山二丁目
  • 向山三丁目
  • 向山四丁目
  • 中村北
  • 中村北一丁目
  • 中村北二丁目
  • 中村北三丁目
  • 中村北四丁目
  • 練馬
  • 練馬一丁目
  • 練馬二丁目
  • 練馬三丁目
  • 練馬四丁目
  • 小竹町
  • 小竹町一丁目
  • 小竹町二丁目
  • 貫井
  • 貫井一丁目
  • 貫井二丁目
  • 貫井三丁目
  • 貫井四丁目
  • 貫井五丁目
  • 関町南
  • 関町南一丁目
  • 関町南二丁目
  • 関町南三丁目
  • 関町南四丁目
  • 上石神井南町
  • 下石神井
  • 下石神井一丁目
  • 下石神井二丁目
  • 下石神井三丁目
  • 下石神井四丁目
  • 下石神井五丁目
  • 下石神井六丁目
  • 上石神井
  • 上石神井一丁目
  • 上石神井二丁目
  • 上石神井三丁目
  • 上石神井四丁目
  • 立野町
  • 関町東
  • 関町東一丁目
  • 関町東二丁目
  • 関町北
  • 関町北一丁目
  • 関町北二丁目
  • 関町北三丁目
  • 関町北四丁目
  • 関町北五丁目
  • 石神井台
  • 石神井台一丁目
  • 石神井台二丁目
  • 石神井台三丁目
  • 石神井台四丁目
  • 石神井台五丁目
  • 石神井台六丁目
  • 石神井台七丁目
  • 石神井台八丁目
  • 石神井町
  • 石神井町一丁目
  • 石神井町二丁目
  • 石神井町三丁目
  • 石神井町四丁目
  • 石神井町五丁目
  • 石神井町六丁目
  • 石神井町七丁目
  • 石神井町八丁目
  • 田柄
  • 田柄一丁目
  • 田柄二丁目
  • 田柄三丁目
  • 田柄四丁目
  • 田柄五丁目
  • 錦一丁目
  • 錦二丁目
  • 北町
  • 北町一丁目
  • 北町二丁目
  • 北町三丁目
  • 北町四丁目
  • 北町五丁目
  • 北町六丁目
  • 北町七丁目
  • 北町八丁目
  • 土支田
  • 土支田一丁目
  • 土支田二丁目
  • 土支田三丁目
  • 土支田四丁目
  • 大泉町
  • 大泉町一丁目
  • 大泉町二丁目
  • 大泉町三丁目
  • 大泉町四丁目
  • 大泉町五丁目
  • 大泉町六丁目
  • 大泉学園町
  • 大泉学園町一丁目
  • 大泉学園町二丁目
  • 大泉学園町三丁目
  • 大泉学園町四丁目
  • 大泉学園町五丁目
  • 大泉学園町六丁目
  • 大泉学園町七丁目
  • 大泉学園町八丁目
  • 大泉学園町九丁目
  • 西大泉町
東京都練馬区近隣のエリア紹介
  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文京区
  • 台東区
  • 墨田区
  • 江東区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区
  • 板橋区
  • 足立区
  • 葛飾区
  • 江戸川区
  • 八王子市
  • 立川市
  • 武蔵野市
  • 三鷹市
  • 青梅市
  • 府中市
  • 昭島市
  • 調布市
  • 町田市
  • 小金井市
  • 小平市
  • 日野市
  • 東村山市
  • 国分寺市
  • 国立市
  • 福生市
  • 狛江市
  • 東大和市
  • 清瀬市
  • 東久留米市
  • 武蔵村山市
  • 多摩市
  • 稲城市
  • 羽村市
  • あきる野市
  • 西東京市
  • 瑞穂町
  • 日の出町
  • 檜原村
  • 奥多摩町
  • 大島町
  • 新島村
  • 三宅村
  • 八丈町
  • 青ヶ島村
  • 小笠原村
合同会社澤井総合
合同会社澤井総合
拠点のある東京を中心に、マンションの一室のリノベーションからリフォーム、総合解体まで幅広く対応しております。お客様からの一つひとつの要望に丁寧にお応えし、見た目にこだわった作業を心掛けております。
合同会社澤井総合

〒175-0045

東京都板橋区西台2-25-11-101