練馬区での解体許可について知る

query_builder 2024/03/27 解体
この記事では、練馬区での解体許可に必要な手続き、工事業者の選び方、申請から許可までの流れ等を解説します。また、解体作業における公害防止対策や内装工事の例についても触れています。専門的な知識は一切不要!わかりやすい情報で、解体許可の取得をスムーズに進めるお手伝いをします。
合同会社澤井総合
合同会社澤井総合
拠点のある東京を中心に、マンションの一室のリノベーションからリフォーム、総合解体まで幅広く対応しております。お客様からの一つひとつの要望に丁寧にお応えし、見た目にこだわった作業を心掛けております。
合同会社澤井総合
住所:

〒175-0045

東京都板橋区西台2-25-11-101

電話番号:
03-6913-0490

解体許可の基本

まずは、解体許可の基本について学びましょう。一般的な流れと、必要な書類の一覧をご紹介します。

解体許可の申請流れ

解体許可の申請流れについてご説明します。練馬区での解体許可申請は、複数のステップから成り立っています。

まずはじめに、解体工事を行う前に練馬区の建築行政窓口へ相談しましょう。解体計画の内容を詳しく説明し、必要な書類や手続きについての情報を受け取ります。建築行政窓口は、練馬区役所内にあり、専門の担当者が対応してくれます。

次に、解体許可申請書を作成します。この書類には、解体予定の建物の詳細な情報や解体工事の計画が記載されます。建物の地図や敷地の図面、解体工事の進め方や安全対策に関する内容も含まれます。

申請書が完成したら、練馬区の建築行政窓口へ提出します。提出時には、申請書に必要な書類や図面を揃えておく必要があります。提出後、担当者が申請書を審査し、必要な場合は補完のために追加資料の提出を求めることもあります。

審査が完了し、解体許可が下りた場合、許可証が交付されます。許可証は建築行政窓口で受け取ることができます。これにより、正式に解体工事が開始できるようになります。

なお、解体工事中に変更が生じた場合や工期の延長を希望する場合は、再度練馬区の建築行政窓口へ連絡し、手続きが必要です。また、解体工事が終了したら、練馬区へ完了報告を行うことも忘れずに行いましょう。

以上が、練馬区での解体許可申請の基本的な流れです。建築行政窓口との円滑なコミュニケーションや、書類の適切な準備がスムーズな許可取得につながります。解体計画を確認しながら、手続きを進めていきましょう。

申請で必要な書類

解体許可の申請で必要な書類についてご説明します。練馬区での解体許可申請には、以下の主要な書類が必要となります。

まず最初に提出が必要なのは、「解体許可申請書」です。この書類には、解体工事を行う建物の詳細な情報や解体の計画が記載されます。建物の所有者や建築物の種別、解体の開始予定日、工事の進め方や安全対策など、具体的な内容が必要です。

また、建物の詳細を示す「地図」や「図面」も提出する必要があります。これらの書類は、解体の対象となる建物や敷地の配置を正確に把握するために重要です。緻密な図面や正確な地図を用意することで、許可の審査がスムーズに進むことが期待できます。

さらに、解体工事の安全性を確保するためには、「安全管理計画書」も提出が必要です。この書類には、解体工事の進め方や安全対策について詳しく説明されています。作業内容や解体に伴うリスクの予防策、周辺への影響の抑制などが含まれます。

その他にも、練馬区の要件によっては、追加の書類や資料が求められることもあります。例えば、騒音や振動、粉塵など解体作業が引き起こす影響を評価するための「環境影響評価書」や、周辺住民への通知や説明を行うための「周知・説明書」などです。

正確かつ適切な書類の準備が、解体許可の申請において重要です。書類の不備などがあると審査に時間がかかるだけでなく、許可が下りない場合もあります。なるべく早めに必要な書類を揃え、スムーズな申請手続きを進めるようにしましょう。

適切な業者の選び方

工事を成功させるためには、適切な解体業者の選び方も重要です。チェックポイントと、評判を見分ける方法を解説します。

業者選びのポイント

解体工事を成功させるためには、適切な解体業者を選ぶことが重要です。業者選びのポイントについてご説明します。

まず、信頼性と実績が重要な要素です。解体業者の選び方の一つには、信頼性を見極めることが挙げられます。過去にどれくらいの経験や実績を持ち、信頼できる業者かを調べることが重要です。口コミや評判を確認し、他の顧客からの評価や満足度が高いかをチェックしましょう。

また、業者が持っている資格や免許も重要なポイントです。解体工事には、安全性や技術的な要件が求められますので、業者が適切な資格を持っていることが望ましいです。特定の資格や認証を持っている業者は、適切な施工や安全管理ができる可能性が高いです。

さらに、費用や料金体系も考慮すべきポイントです。解体工事は大きな投資になることがありますので、予算に合わせた費用を提示してくれる業者を選ぶことも重要です。複数の業者から見積もりを取り、料金体系やサービス内容を比較検討しましょう。

また、コミュニケーションや対応力も重要な要素です。解体工事は期間が長い場合もありますので、業者とのコミュニケーションや対応力が良好な業者を選ぶことで、安心して工事を進めることができます。問い合わせへの迅速な対応や、工事中の連絡や報告の頻度なども確認しましょう。

以上が、業者選びのポイントです。信頼性と実績、適切な資格や費用、円滑なコミュニケーションなどを考慮して、最適な業者を選ぶことが重要です。解体工事の成功には、適切な業者とのパートナーシップが不可欠です。

業者の評判を判断する方法

業者の評判を判断する方法についてご説明します。解体業者の評判を見極めることは重要です。

まず、口コミや評価を参考にしましょう。インターネット上の口コミサイトや業者のウェブサイトなどで、他の顧客からの評価や感想をチェックしましょう。解体業者が過去にどのような実績を上げてきたか、お客様の満足度は高いか、他の方の意見や評価を参考にすることで、業者の信頼性を判断することができます。

また、実際に施工例や工事現場を見学することも有効です。業者のウェブサイトやパンフレット、展示会などで、解体業者の実績や施工事例を確認することができます。また、工事現場を見学する機会があれば、作業の進行状況や安全対策などを確認することができます。直接目にすることで、業者の技術力や品質を判断することができます。

さらに、業者が所属している団体や組合、資格の取得状況を確認しましょう。解体業者が所属している組織や団体には基準があり、一定水準以上の技術やサービスが求められます。また、特定の資格や認証を持っている業者は、適正な工事や安全管理ができる可能性が高いです。

最後に、業者とのコミュニケーションや対応力も重要です。問い合わせに対する迅速な回答や、工事中の連絡や報告の頻度、質問への丁寧な回答などを重視しましょう。業者とのコミュニケーションが円滑で、信頼できる対応をしてくれる業者を選ぶことで、工事の進行がスムーズになります。

以上が、業者の評判を判断する方法です。口コミや評価、実際の施工例の確認、所属団体や資格の取得状況、コミュニケーションや対応力などを慎重に考慮し、信頼できる解体業者を選ぶことが重要です。

工事における公害防止対策

解体工事が引き起こす可能性のある公害とその防止策について知ることは重要です。基本的な対策と、業者が講じるべき対策について説明します。

解体工事による公害

解体工事が引き起こす可能性のある公害についてご説明します。解体工事は大量の塵や騒音、振動などを伴うため、環境や周辺住民への影響が懸念されます。

まず、塵(ちり)による公害が挙げられます。解体作業に伴って建物の内外部からホコリや粉塵が発生することがあります。これは大気汚染の原因となるだけでなく、周辺住民の健康にも影響を及ぼす可能性があります。

また、騒音も解体工事によって生じる公害の一つです。大型の機械や工具を使用するため、作業現場では騒音が発生します。特に、近隣住民への影響が大きいため、騒音規制を遵守する必要があります。周辺への騒音対策がしっかりと行われることが重要です。

さらに、振動も解体工事の公害の一つとして挙げられます。大型機械や重機の動作によって発生する振動は、周辺の建物や地盤への影響を及ぼす可能性があります。振動による建物の損壊や地盤沈下などを防ぐため、適切な振動制御対策が必要です。

以上が、解体工事による公害の例です。塵や騒音、振動などは解体工事の適切な実施に伴う問題ですが、公害を最小限に抑えるためには適切な対策を講じることが必要です。解体業者は、作業現場の管理や工事方法の選定などによって公害を予防する取り組みを行っています。

公害防止の業者責任

公害防止対策は、解体業者の重要な責任です。業者は公害を最小限に抑えるため、以下のような責任を負っています。

まず、適切な作業方法の選定が求められます。業者は解体工事の際に、環境への影響を最小限にするための工法を選択する必要があります。例えば、建物内の物質の適切な処理や、塵や粉塵を発生させないような作業手順の確立などです。公害を防ぐためには、適切な計画と作業方法の選定が不可欠です。

また、効果的な防塵・防騒音対策も業者の責任です。解体工事現場では、塵や騒音の発生を抑えるための対策が必要です。業者は、防塵シートや吸塵装置の使用、騒音を低減する重機の選定など、公害防止対策に関する様々な技術や装備を持っているべきです。

さらに、周辺住民への配慮と十分な周知・説明も業者の責任です。解体工事の際には、近隣住民への騒音や振動への配慮が求められます。業者は近隣住民に対し、工事の予定や作業の進み具合などを十分に周知し、説明責任を果たす必要があります。

そして、適切な廃棄物処理も業者の責任です。解体に伴って発生する廃棄物は、環境への影響を考慮しながら適切に処理する必要があります。業者は法令に基づき、廃棄物の分別やリサイクル処理を適切に行うことが求められます。

以上が、公害防止の業者責任です。解体業者は環境への影響を最小限に抑え、公害を防ぐために様々な責任を負っています。そのためには、適切な作業方法の選定や防塵・防騒音対策、周知・説明、廃棄物処理など、総合的な対策が求められます。

解体後の内装改装

解体後、新たな建物を建てる際には、内装工事が一つの課題となります。いくつかの事例と役立つ情報を提供します。

よくある内装改装の流れ

よくある内装改装の流れについてご説明します。内装改装は、解体工事が完了した後に行われる作業であり、以下のような一般的な流れがあります。

まず最初に、内装改装の計画を立てます。どのようなイメージの内装にするのか、必要な工事の内容や範囲を具体化しましょう。また、予算や工期の設定も重要です。

計画が明確になったら、デザインや素材の選定を行います。内装に使用する壁材、床材、照明などを決めることで、イメージの具体化が進みます。また、必要な設備や家具の選定・手配もこの段階で行います。

次に、解体作業が完了した後に内装の建設工事が行われます。これには、壁や床の施工、配線や給排水設備の設置、照明やエアコンの取り付けなどが含まれます。工事の進捗状況を管理し、必要な検査や確認を適宜行いましょう。

工事がほぼ完了したら、最後に仕上げ作業を行います。床や壁の塗装・クリーニング、設備のテストや調整、家具の配置など、細部の仕上げに取り組みます。また、必要な手続きや確認も行っておきましょう。

最終的には、内装改装が完了しましたら、お引き渡しとなります。お客様の要望に沿った内装に仕上がっているか、不具合はないかを確認し、お客様のご満足を得るよう努めます。追加の修正や調整が必要な場合は、迅速に対応することも重要です。

以上が、よくある内装改装の流れです。計画の立案から施工、仕上げの作業まで、細部にわたる注意と管理が求められます。確かな技術と豊富な経験を持つ業者とのパートナーシップを構築し、円滑な進行と高品質な内装改装を目指しましょう。

内装改装事例

実際の内装改装事例をいくつかご紹介します。これらの事例は、異なる目的やニーズに基づいて行われた改装の一部です。

まず、オフィスの内装改装事例です。ある企業では、社員の働きやすさと効率を向上させるために、オープンスペースを導入しました。壁を撤去し、コミュニケーションを活性化するための共有スペースを作りました。また、明るい色で統一した内装や、快適な照明なども取り入れ、快適で創造的な職場環境を実現しました。

次に、飲食店の内装改装事例です。あるレストランでは、ブランドイメージや顧客体験の向上を考慮し、内装をリニューアルしました。木材を使用したナチュラルなテーブルや椅子、暖色系の照明など、温かみのある雰囲気を演出しました。また、キッチンのレイアウトも見直し、効率的な作業フローを実現しました。

さらに、店舗の内装改装事例として、小売店の例を挙げます。あるファッションブティックでは、商品の陳列方法やディスプレイを工夫することで、商品の魅力を引き立たせました。明るい照明や鏡を巧みに配置し、購買意欲が高まる環境を作り出しました。また、ショップの雰囲気やコンセプトに合わせた内装デザインも取り入れ、一体感のある空間を実現しました。

これらの内装改装事例は、建物の用途や目的に応じて、効果的な改装を行うことで、魅力的な空間を生み出すことができます。デザインや配置、照明などの要素を工夫することで、利用者やお客様の満足度を高めることができます。

内装改装は、建物の新たな価値を創造し、効果的な空間を提供する重要な要素です。業種や目的に合わせて、ユニークかつ魅力的な内装を実現するために、プロの意見や経験を参考にしながら計画を進めましょう。

解体作業と人工知能

近年、解体作業にも人工知能が活躍し始めています。その恩恵や影響について簡単に触れます。

人工知能の活用事例

人工知能(AI)の活用事例についてご紹介します。解体作業にもAIの技術が活用され、効率化や安全性の向上が図られています。

まず一つ目の事例として、解体現場の画像解析があります。AIを用いた画像解析技術は、建物や構造物の解体において重要な役割を果たしています。解体対象の建物の画像やドローンなどから収集されたデータをAIが解析し、解体作業の計画や進行状況の管理に役立てられています。これにより、現場の管理が容易になり、解体作業の効率化が図られています。

また、二つ目の事例として、AIを用いた解体ロボットの開発があります。AIを搭載したロボットは、人の手では難しい高所や狭い場所での解体作業を行うことができます。人工知能の力を活用することで、自律的に作業を進め、解体の効率化と安全性の向上が図られます。AIがロボットの操作や状況判断を行い、より正確かつ迅速に解体作業を行うことが可能です。

さらに、三つ目の事例として、AIを利用した解体ごみの適切な分別があります。解体により発生する廃棄物の適切な分別は環境への負荷を軽減するために重要です。AIは画像処理や機械学習によって廃棄物の分別作業を支援し、リサイクル可能な部分や最適な処理方法を推定することができます。これにより、廃棄物のリサイクル率の向上や処理コストの削減が期待されます。

これらの人工知能の活用事例により、解体作業の効率化や安全性の向上が実現されています。AIの技術は、解体業界においても革新的な変化をもたらしており、今後ますますの進化が期待されます。

人工知能による影響

人工知能(AI)による解体作業への影響についてご説明します。AIの活用により、解体業界には以下のような変化が生じています。

まず、効率的な作業が実現されています。AIを搭載したロボットや画像解析技術などを活用することで、解体作業の効率化が可能になります。例えば、解体ロボットは人に比べて高所や狭いスペースでの作業が可能であり、作業時間の短縮や人的リソースの削減につながります。また、画像解析によって現場の状況や進捗をリアルタイムに把握することができ、計画の最適化や調整が容易になります。

次に、安全性の向上が図られています。AIは危険な作業や人が入り辛い場所での解体作業を支援し、作業員の安全性を高める役割を果たしています。解体ロボットの利用により、人の代わりにロボットが危険な場所で作業を行うことで、作業員の身体的なリスクを軽減できます。また、AIによる画像解析によって、解体作業の予測やリスクの早期発見が可能になり、安全対策の迅速な対応が行われます。

さらに、環境面での影響もあります。AIが廃棄物の分別やリサイクル処理を支援することで、廃棄物のリサイクル率の向上や環境への負荷の軽減が期待できます。AIによる適切な廃棄物処理の推定や管理により、資源の有効活用や廃棄物の発生量の削減に貢献します。

これらのように、AIの活用により解体業界には効率化や安全性の向上、環境への負荷の削減などの影響があります。AI技術の進歩と解体業界との統合が進むことで、より効率的で持続可能な解体作業が実現されることでしょう。

特定建設作業

解体工事は特定建設作業と定義されています。その意味と、それによる影響について知っておきましょう。

特定建設作業とは

特定建設作業についてご説明します。特定建設作業とは、建設業において危険性のある作業とされ、特別な資格や許可が必要とされる作業のことを指します。

特定建設作業には、高所作業や重機操作、解体工事、鉄骨組立工事など、人の安全に関わる重要な作業が含まれます。これらの作業は一般的な建設業務と比べてリスクが高く、専門的な知識や技術が求められます。

特定建設作業を行うには、特別な資格や許可が必要とされます。具体的には、建設業法に基づく特定建設作業業者の許可や、各種の安全教育を受けた上での資格取得が求められます。また、作業員は安全衛生教育を受けることが要件となります。

特定建設作業における要件や規制は国や地方自治体によって異なります。法令や規則を遵守するだけでなく、専門家からの指導や助言を受けることも重要です。作業現場での安全な作業環境を確保するために、労働者の安全への意識を高めることも欠かせません。

特定建設作業には、作業員の安全確保や事故予防が求められます。安全管理体制の確立や安全教育の徹底、適切な装置や保護具の使用などが重要なポイントです。これらの取り組みによって、特定建設作業におけるリスクを最小限に抑え、作業員の安全を確保することが目指されています。

特定建設作業の影響

特定建設作業には、様々な影響が存在します。その影響を以下にご説明します。

まず、特定建設作業の適用により、作業現場の安全性が向上します。特定建設作業の専門的な知識や技術を有する業者や労働者が関与することで、作業の品質や安全性が向上し、作業環境の安全確保につながります。事故や労働災害のリスクを最小限に抑え、労働者の安全を守ることができます。

また、特定建設作業の適用は、作業の適正化や品質の向上にも寄与します。特定建設作業には、作業の適切な手順や方法、品質管理の基準が定められています。これにより、一定水準以上の品質が求められ、建築物や構造物の安定性や耐久性が確保されます。

さらに、特定建設作業の適用は業界における公正競争を促進します。特定建設作業においては、適格な業者が該当の資格や許可を持ち、正しい手続きや条件を満たすことが求められます。これによって、業界内での公正な競争が促進され、顧客に対して信頼性の高いサービス提供が行われます。

また、特定建設作業を通じて、国や地域の規制や基準の遵守を推進する効果もあります。特定建設作業は法的な要件や規制に基づいて設定されており、これを遵守することで様々なリスクを回避することができます。規制の遵守を通じて、社会的な信頼性や品質が確保され、持続可能な建設業界の発展が促されます。

以上が、特定建設作業の影響です。安全性や品質の向上、公正な競争の促進、規制遵守の推進など、特定建設作業が建設業界にもたらすポジティブな影響が期待されています。これらの効果を最大限に活かし、安全で高品質な建設業界の発展を目指すことが重要です。

解体作業の登録

解体工事を行う者は、工事の対象となる物件を登録する必要があります。その登録の流れと処理について説明します。

登録の目的と手続き

登録の目的と手続きについてご説明します。特定建設作業において、作業を行う者は、作業の対象となる建物や施設を事前に登録する必要があります。

まず、登録の目的は様々な要素があります。主な目的の一つは、安全管理の徹底です。登録により、建物や施設の所有者や管理者は、作業や業者の適正な選定や安全管理を行うことが求められます。これによって、安全性の向上と労働災害の防止が図られます。

また、登録は情報管理や監督管理の一環としても重要です。登録により、作業現場や関係者の情報が集約され、効率的な情報管理や監督管理が可能となります。関係者の所在や作業内容、設備や装置の状況などが登録情報として集約され、必要な情報の提供や管理がスムーズに行われます。

登録の手続きは、所管する行政機関に対して申請を行います。一般的には特定建設作業業者の所在地の都道府県や市町村の建設業・労働関係部門などが担当します。登録申請には、業者や施設の情報、関係者の資格や経験の証明書類、安全管理体制やスキルアップの取り組みに関する報告などが必要となります。

手続きの詳細や必要な書類は、各地域の行政機関の要件に基づく場合がありますので、事前に確認することが重要です。登録が承認されると、特定建設作業の適格な業者や施設が一覧で公開されることがあります。

登録の目的は安全管理や情報管理の徹底です。適正な手続きを行い、要件を満たすことで、登録の承認を受けることができます。特定建設作業を行う者は、登録の重要性を理解し、適切な手続きを行って安心できる環境で作業を行うことが求められます。

登録に必要な内容

登録に必要な内容についてご説明します。特定建設作業の登録申請には、以下のような情報や書類が必要となります。

まず、登録に必要な主要な情報には、業者名や所在地、連絡先などの基本情報が含まれます。正確な連絡先や所在地の情報は、業者と行政機関との連絡を円滑にするために重要です。

また、登録に必要な書類には、業者や施設に関する情報が含まれます。業者の登録申請書や設立証明書、施設の所有者や建物の登記簿謄本などが提出される場合があります。これらの書類は所管の行政機関の要件に基づいて提出されます。

さらに、特定建設作業に関わるスキルや経験に関する情報も必要です。資格や免許の取得証明書、作業員の経歴や実績などが提出されることがあります。これによって、登録業者が適切なスキルや経験を持ち、特定建設作業に対応することができるかが評価されます。

また、安全管理体制や労働衛生に関する報告も必要となります。特定建設作業においては、作業者の安全への取り組みや労働衛生の管理が重要視されます。具体的には、安全管理マニュアルや安全教育の実施報告、安全機器や装置の整備状況などが提出されることがあります。

登録に必要な内容は、各地域の行政機関の要件や規制によって異なりますので、事前に確認が必要です。正確かつ適切な情報や書類の提出が求められます。登録の手続きや提出書類に関する詳細は、所管の行政機関に直接問い合わせるか、公式ウェブサイトなどで確認しましょう。

最後に

解体許可の取得から工事の完成までスムーズに進めるためのポイントを最後にまとめます。

解体許可取得のコツ

解体許可取得のコツについてご説明します。スムーズに解体許可を取得するためには、以下のポイントに注意することが重要です。

まず、正確で完全な申請書を用意することが大切です。解体許可の申請書には、建物の詳細な情報や解体の計画が記載されます。必要な書類は抜け漏れなく揃え、書類の内容も正確に記入しましょう。また、追加で提出が必要な資料についても忘れずに準備しましょう。

次に、早めの相談や調査を行うことが重要です。解体許可を取得する前に、練馬区の建築行政窓口で相談や調査を受けることをおすすめします。窓口にて必要な情報や手続きについて説明を受けることで、許可取得のプロセスや要件についてより詳しく把握することができます。

さらに、正確な計画や工事内容の提示も重要です。解体の計画を具体的に説明し、必要な安全対策や環境への配慮についても明示しましょう。建物の図面や写真、資料を使って、適切な解体方法や廃棄物処理の計画を相手方に伝えることがポイントです。

また、迅速かつ丁寧な対応も許可取得には不可欠です。建築行政窓口や関連する担当者とのコミュニケーションをスムーズに行い、問い合わせや要望に迅速かつ丁寧に対応しましょう。また、窓口からの指示やアドバイスも適切に受け入れ、対応することが重要です。

以上が、解体許可取得のコツです。正確な申請書作成や早めの相談・調査、計画や工事内容の明示、迅速かつ丁寧な対応など、細部にわたる注意が求められます。これらのポイントを押さえながら、解体許可の取得を進めましょう。

工事進行上の注意点

工事進行上の注意点についてご説明します。解体工事の進行においては、以下の点に留意することが重要です。

まず、安全管理を徹底することが求められます。工事現場では、危険な作業や状況が存在しますので、安全対策を万全にする必要があります。作業員への適切な安全教育の実施や必要な安全装置の使用、危険物の管理など、安全に関する規定やガイドラインに従って作業を行いましょう。

また、周辺への配慮も重要です。解体工事には騒音や振動、塵の発生などが伴いますので、周辺住民や近隣施設への影響を最小限に抑えるために配慮が必要です。事前に適切な周知や説明を行い、作業時間や騒音・振動の制限に従うことが大切です。

さらに、スケジュール管理も重要です。解体工事の進行においては、工程の進捗状況を適切に管理し、工期を守ることが求められます。適切な計画やスケジュール表の作成・遵守、必要に応じた調整や変更の柔軟な対応を行いましょう。これにより、工事の円滑な進行と計画通りの完了を目指すことができます。

これらの注意点を遵守することで、解体工事の進行をスムーズに行い、効率的かつ安全な工事が実現されます。安全管理の徹底や周辺への配慮、スケジュールの遵守などに留意しながら、解体工事を進めましょう。

東京都練馬区
内のエリア紹介
  • 高松
  • 高松一丁目
  • 高松二丁目
  • 高松三丁目
  • 高松四丁目
  • 高松五丁目
  • 高松六丁目
  • 富士見台
  • 富士見台一丁目
  • 富士見台二丁目
  • 富士見台三丁目
  • 富士見台四丁目
  • 南田中
  • 南田中一丁目
  • 南田中二丁目
  • 南田中三丁目
  • 南田中四丁目
  • 南田中五丁目
  • 高野台
  • 高野台一丁目
  • 高野台二丁目
  • 高野台三丁目
  • 高野台四丁目
  • 高野台五丁目
  • 谷原
  • 谷原一丁目
  • 谷原二丁目
  • 谷原三丁目
  • 谷原四丁目
  • 谷原五丁目
  • 谷原六丁目
  • 氷川台
  • 氷川台一丁目
  • 氷川台二丁目
  • 氷川台三丁目
  • 氷川台四丁目
  • 早宮
  • 早宮一丁目
  • 早宮二丁目
  • 早宮三丁目
  • 早宮四丁目
  • 春日町
  • 春日町一丁目
  • 春日町二丁目
  • 春日町三丁目
  • 春日町四丁目
  • 春日町五丁目
  • 春日町六丁目
  • 羽沢
  • 羽沢一丁目
  • 羽沢二丁目
  • 羽沢三丁目
  • 平和台
  • 平和台一丁目
  • 平和台二丁目
  • 平和台三丁目
  • 平和台四丁目
  • 南大泉
  • 南大泉一丁目
  • 南大泉二丁目
  • 南大泉三丁目
  • 南大泉四丁目
  • 南大泉五丁目
  • 南大泉六丁目
  • 光が丘
  • 光が丘一丁目
  • 光が丘二丁目
  • 光が丘三丁目
  • 光が丘四丁目
  • 光が丘五丁目
  • 光が丘六丁目
  • 光が丘七丁目
  • 三原台
  • 三原台一丁目
  • 三原台二丁目
  • 三原台三丁目
  • 東大泉
  • 東大泉一丁目
  • 東大泉二丁目
  • 東大泉三丁目
  • 東大泉四丁目
  • 東大泉五丁目
  • 東大泉六丁目
  • 東大泉七丁目
  • 旭町
  • 旭町一丁目
  • 旭町二丁目
  • 旭町三丁目
  • 西大泉
  • 西大泉一丁目
  • 西大泉二丁目
  • 西大泉三丁目
  • 西大泉四丁目
  • 西大泉五丁目
  • 西大泉六丁目
  • 豊玉南
  • 豊玉南一丁目
  • 豊玉南二丁目
  • 豊玉南三丁目
  • 豊玉北
  • 豊玉北一丁目
  • 豊玉北二丁目
  • 豊玉北三丁目
  • 豊玉北四丁目
  • 豊玉北五丁目
  • 豊玉北六丁目
  • 中村南
  • 中村南一丁目
  • 中村南二丁目
  • 中村南三丁目
  • 豊玉中
  • 豊玉中一丁目
  • 豊玉中二丁目
  • 豊玉中三丁目
  • 豊玉中四丁目
  • 旭丘
  • 旭丘一丁目
  • 旭丘二丁目
  • 豊玉上
  • 豊玉上一丁目
  • 豊玉上二丁目
  • 栄町
  • 桜台
  • 桜台一丁目
  • 桜台二丁目
  • 桜台三丁目
  • 桜台四丁目
  • 桜台五丁目
  • 桜台六丁目
  • 中村
  • 中村一丁目
  • 中村二丁目
  • 中村三丁目
  • 向山
  • 向山一丁目
  • 向山二丁目
  • 向山三丁目
  • 向山四丁目
  • 中村北
  • 中村北一丁目
  • 中村北二丁目
  • 中村北三丁目
  • 中村北四丁目
  • 練馬
  • 練馬一丁目
  • 練馬二丁目
  • 練馬三丁目
  • 練馬四丁目
  • 小竹町
  • 小竹町一丁目
  • 小竹町二丁目
  • 貫井
  • 貫井一丁目
  • 貫井二丁目
  • 貫井三丁目
  • 貫井四丁目
  • 貫井五丁目
  • 関町南
  • 関町南一丁目
  • 関町南二丁目
  • 関町南三丁目
  • 関町南四丁目
  • 上石神井南町
  • 下石神井
  • 下石神井一丁目
  • 下石神井二丁目
  • 下石神井三丁目
  • 下石神井四丁目
  • 下石神井五丁目
  • 下石神井六丁目
  • 上石神井
  • 上石神井一丁目
  • 上石神井二丁目
  • 上石神井三丁目
  • 上石神井四丁目
  • 立野町
  • 関町東
  • 関町東一丁目
  • 関町東二丁目
  • 関町北
  • 関町北一丁目
  • 関町北二丁目
  • 関町北三丁目
  • 関町北四丁目
  • 関町北五丁目
  • 石神井台
  • 石神井台一丁目
  • 石神井台二丁目
  • 石神井台三丁目
  • 石神井台四丁目
  • 石神井台五丁目
  • 石神井台六丁目
  • 石神井台七丁目
  • 石神井台八丁目
  • 石神井町
  • 石神井町一丁目
  • 石神井町二丁目
  • 石神井町三丁目
  • 石神井町四丁目
  • 石神井町五丁目
  • 石神井町六丁目
  • 石神井町七丁目
  • 石神井町八丁目
  • 田柄
  • 田柄一丁目
  • 田柄二丁目
  • 田柄三丁目
  • 田柄四丁目
  • 田柄五丁目
  • 錦一丁目
  • 錦二丁目
  • 北町
  • 北町一丁目
  • 北町二丁目
  • 北町三丁目
  • 北町四丁目
  • 北町五丁目
  • 北町六丁目
  • 北町七丁目
  • 北町八丁目
  • 土支田
  • 土支田一丁目
  • 土支田二丁目
  • 土支田三丁目
  • 土支田四丁目
  • 大泉町
  • 大泉町一丁目
  • 大泉町二丁目
  • 大泉町三丁目
  • 大泉町四丁目
  • 大泉町五丁目
  • 大泉町六丁目
  • 大泉学園町
  • 大泉学園町一丁目
  • 大泉学園町二丁目
  • 大泉学園町三丁目
  • 大泉学園町四丁目
  • 大泉学園町五丁目
  • 大泉学園町六丁目
  • 大泉学園町七丁目
  • 大泉学園町八丁目
  • 大泉学園町九丁目
  • 西大泉町
東京都練馬区近隣のエリア紹介
  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文京区
  • 台東区
  • 墨田区
  • 江東区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区
  • 板橋区
  • 足立区
  • 葛飾区
  • 江戸川区
  • 八王子市
  • 立川市
  • 武蔵野市
  • 三鷹市
  • 青梅市
  • 府中市
  • 昭島市
  • 調布市
  • 町田市
  • 小金井市
  • 小平市
  • 日野市
  • 東村山市
  • 国分寺市
  • 国立市
  • 福生市
  • 狛江市
  • 東大和市
  • 清瀬市
  • 東久留米市
  • 武蔵村山市
  • 多摩市
  • 稲城市
  • 羽村市
  • あきる野市
  • 西東京市
  • 瑞穂町
  • 日の出町
  • 檜原村
  • 奥多摩町
  • 大島町
  • 新島村
  • 三宅村
  • 八丈町
  • 青ヶ島村
  • 小笠原村
合同会社澤井総合
合同会社澤井総合
拠点のある東京を中心に、マンションの一室のリノベーションからリフォーム、総合解体まで幅広く対応しております。お客様からの一つひとつの要望に丁寧にお応えし、見た目にこだわった作業を心掛けております。
合同会社澤井総合

〒175-0045

東京都板橋区西台2-25-11-101