練馬区で木造住宅の解体費用を抑えるポイント

query_builder 2024/03/23 解体 費用 木造
練馬区における木造住宅の解体について、費用を抑えるための具体的な方法を紹介します。見積りから始まり、助成制度の活用や撤去の流れ、さらに耐震性能の影響までを詳しく解説します。
合同会社澤井総合
合同会社澤井総合
拠点のある東京を中心に、マンションの一室のリノベーションからリフォーム、総合解体まで幅広く対応しております。お客様からの一つひとつの要望に丁寧にお応えし、見た目にこだわった作業を心掛けております。
合同会社澤井総合
住所:

〒175-0045

東京都板橋区西台2-25-11-101

電話番号:
03-6913-0490

練馬区での木造住宅解体の現状

最近は練馬区でも古い木造住宅の解体が増えています。その大きな理由と費用の相場について簡単に見ていきましょう。

なぜ増えているのか

練馬区での木造住宅の解体が増えている理由は、主に人口の流動化と耐震性能に関連しています。まず、人口の流動化により、新しい住宅地の開発や再開発が進み、これに伴い古い木造住宅が解体されることが増えました。若者やファミリー層がより利便性の高い場所や快適な住環境を求めて移り住むため、旧型の木造住宅が取り壊されるケースが増えました。

また、耐震性能の向上も木造住宅解体増加の要因となっています。近年、地震の頻度や規模が増えたことから、住宅の耐震性能に対する意識が高まっています。練馬区も例外ではなく、古い木造住宅の耐震性能が不十分であると判断されることが多く、そのために解体が選ばれることが増えました。

練馬区での木造住宅解体の増加は、人口の流動化と耐震性能の向上という二つの要因によるものです。移り変わりの激しい現代社会の中で、より安全で快適な住環境を求める人々の意識の変化が反映されていると言えるでしょう。解体に要する費用を抑えながら、練馬区の木造住宅を新たなステージに進化させることが望まれています。

解体費用の相場

練馬区での木造住宅解体にかかる費用は、様々な要素によって変動します。まず、解体する住宅の規模や構造、建築年数などが費用に影響を与えます。一般的に、住宅の広さや階数が大きいほど解体費用も高くなる傾向があります。また、木造住宅の建築年数が古い場合は、解体作業がより複雑になることがあり、それに伴って費用も上昇する場合があります。

さらに、解体する際には撤去した後の廃棄物の処理費用も考慮しなければなりません。練馬区では、法律で定められた廃棄物の処理基準に従って適切に処理する必要があります。そのため、廃棄物処理に関連する費用も解体費用に含まれることがあります。

練馬区での木造住宅解体費用の相場は一般的には200万円から500万円程度と言われています。しかし、これはあくまで目安であり、具体的な費用は解体する住宅の状態や規模によって大きく変動します。そのため、解体を検討する際には複数の解体業者から見積もりを取り、比較検討することが重要です。さらに、助成制度や補助金の活用など、費用を抑える方法も存在します。

解体工事の見積り方法

解体工事の見積り方法について説明します。これを理解することで適正な費用を見分けることが可能になります。

見積りの基礎知識

解体工事の見積りは、適正な費用を判断するために非常に重要です。以下では、解体工事の見積りの基礎知識について説明します。

まず、見積りには現地調査が必要です。解体する住宅の状態や構造を確認し、作業内容や必要な人員・機材、廃棄物処理の方法などを詳細に把握することが重要です。現地調査によって正確な見積りが行われるため、解体業者が実際に現場を見ることが求められます。

見積りには、作業内容と費用の詳細が明示されます。作業内容には解体手順や安全対策、廃棄物処理方法などが含まれます。費用の詳細には解体費用や廃棄物処理費用、運搬費用などが明記されます。解体業者はこれらの要素を総合的に考慮して見積り金額を算出します。

見積り金額が高くなる要因にはいくつかあります。例えば、解体する建物が大規模であったり、複雑な構造を持っていたりする場合、作業に必要な時間や人員、機材が増えるため費用も高くなることがあります。また、廃棄物の処理費用や運搬費用も見積りに含まれるため、これらの費用も見積り金額に影響を与えます。

さらに、見積りを比較する際には単純な金額だけでなく、業者の信頼性や施工実績、安全対策なども考慮することが重要です。安価な見積りだけで選ぶのではなく、信頼できる業者を選ぶことが、適正な解体工事を行うために大切です。

以上が、解体工事の見積りの基礎知識です。見積りを正確に行い、適正な費用を把握することが、木造住宅解体におけるスムーズな進行と満足のいく結果を得るために重要です。

見積りのポイント

解体工事の見積りを適正な費用を得るためには、以下のポイントに注意する必要があります。

まず、複数の解体業者から見積りを依頼し比較検討することが重要です。複数の業者に見積りを依頼することで、価格の相場や工事内容の違いを把握することができます。ただし、見積り金額だけで判断せず、業者の信頼性や施工実績、安全対策なども考慮しましょう。

また、見積りの詳細な内容を確認することも重要です。解体業者から提示された見積りには、作業内容や費用の内訳が明示されています。作業内容は解体手順や廃棄物処理方法、安全対策などを含みますので、必要な情報を確認しましょう。さらに、費用の内訳も細かく確認し、解体費用や廃棄物処理費用、運搬費用などが適切に算出されているか確認しましょう。

見積り金額が高い場合には、その理由を確認することも重要です。解体する建物の規模や構造、解体作業の時間や必要な人員、機材などが費用に影響を与える可能性があります。解体業者にその理由を尋ね、納得できる説明を得ることが大切です。

また、解体業者の選定にあたっては、業者の実績や信頼性も考慮しましょう。解体工事は高度な専門知識や技術を必要とするため、信頼できる業者に依頼することが重要です。業者のウェブサイトや口コミなどを参考にし、適切な業者を選びましょう。

これらのポイントに注意しながら、解体工事の見積りを行うことで、適正な費用を把握し、円滑な解体工事を進めることができます。見積りの比較や詳細な内容の確認、信頼できる業者の選定に時間をかけて取り組みましょう。

助成制度の活用

知っている人は少ないですが、解体工事にも助成制度があります。その詳細と利用の手段について見ていきます。

助成制度とは

解体工事には、練馬区や都市部の自治体が提供している助成制度が存在します。助成制度は、解体にかかる費用の一部を補助してくれる制度であり、解体費用の負担を軽減することができます。

助成制度は、地域の都市計画や再開発の促進、建物の老朽化対策などを目的として設けられています。具体的には、練馬区や他の自治体の予算から資金が供給され、条件を満たす解体工事に対して補助金が支給される仕組みです。

助成制度の内容や条件は、自治体によって異なります。一般的な助成対象は、古い木造住宅や建物の解体ですが、耐震補強やリフォームを含む場合もあります。助成金の額や支給条件は、解体対象の建物の面積や構造、解体後の用途などによって変動することがあります。

また、助成制度の利用には一定の手続きが必要です。解体を検討している際には、練馬区や自治体のホームページや問い合わせ窓口で助成制度についての情報を入手しましょう。応募方法や必要書類、審査の流れなどを確認し、助成金の申請手続きを進めていく必要があります。

助成制度を活用することで、解体費用の負担を軽減するだけでなく、地域の都市計画や建築環境の改善にも貢献することができます。しかし、助成制度の適用には一定の条件や審査があり、予算の限られた場合もあるため、早めに情報収集を行い、手続きを進めることが重要です。

練馬区の助成制度を活用することで、木造住宅の解体にかかる費用を抑えつつ、安全かつ効果的な解体工事を進めることができます。助成制度の詳細や申請方法については、自治体の公式情報を確認して、積極的に利用していきましょう。

活用方法

助成制度を活用するためには、以下の方法や手順を把握することが重要です。

まず、練馬区のホームページや関連する自治体の公式情報を確認しましょう。助成制度の概要や対象となる建物、申請期間などの詳細が掲載されています。また、問い合わせ窓口や申請書類の入手先なども確認しましょう。

次に、助成制度に関連する申請手続きや条件を把握しましょう。助成金の対象となる建物の条件や必要な書類、申請期限などが定められていることがあります。これらの情報を確認し、必要な書類を用意して手続きを進めましょう。

申請書類の提出や審査が行われる際、正確かつ詳細な情報を提供することが重要です。建物の所有者や利用者の情報、解体の計画や予定、解体業者の選定などを提出することで、申請がスムーズに進む可能性が高まります。

審査結果や助成金の支給に関しては、自治体から連絡があります。審査結果に合格し、助成金が支給される場合は、指定された手続きを進めて助成金を受け取ることができます。

助成制度を活用することで、木造住宅の解体費用を抑えることができますが、助成金の支給額は一定の限度額が定められていることもあります。また、助成制度の予算にも限りがあるため、申請者の数や予算状況によっては、助成金が支給されないこともあります。

助成制度を活用する際は、早めに情報収集を行い、適切な手続きを進めることが重要です。解体を検討している場合は、自治体や関連団体のウェブサイトや問い合わせ窓口に積極的にアクセスし、助成制度の適用条件や申請方法を確認してみましょう。

撤去の流れと費用

家を解体する際の具体的な流れとそれにかかる費用について説明します。

具体的な流れ

木造住宅の解体工事の具体的な流れを紹介します。

まず始めに、解体工事の計画を立てます。解体対象の木造住宅の状態や構造を把握し、解体方法や工期、安全対策などを考慮して計画を立てます。解体予定日や解体業者の手配、必要な許可手続きなども計画に含めましょう。

次に、解体作業が開始されます。建物内の家具や設備品の撤去や床の解体から始まり、壁や天井の解体、構造部分の解体など、段階的に解体が進められます。解体作業は解体業者が専門知識と経験を活かして行います。

解体作業中には、安全対策が重要です。解体現場では危険が伴うため、解体業者は適切な安全装置や保護具を使用し、作業員の安全を確保します。また、周辺住民や通行人の安全にも配慮し、注意喚起措置を講じることも重要です。

解体が完了したら、廃棄物の処理作業が行われます。解体によって発生した廃棄物は、法律で定められた処理方法に従って適切に処理されます。解体業者は廃棄物の分別や運搬、処理を行い、環境に配慮した廃棄物処理を実施します。

最後に、解体後の敷地の整理作業が行われます。基礎の撤去や敷地の平坦化、不要な残土や残骸の撤去などを行い、解体現場を綺麗に整えます。解体によって発生した廃材や残土も適切に処理し、環境への影響を最小限に抑えるように努めます。

木造住宅の解体工事は、計画的な進行と適切な安全対策、廃棄物の適切な処理が求められます。解体業者の専門知識や経験を活かしながら、円滑かつ効果的な解体作業を進めましょう。

費用について

解体工事に伴う費用は、解体する建物の規模や構造、解体作業の難易度などによって異なります。以下では、解体に伴う費用の一部について詳しく見ていきます。

まず、解体費用には人件費や機材費が含まれます。解体作業には解体業者の人員が必要であり、解体作業員の人数や作業時間に応じて人件費が発生します。また、重機や解体機材などの使用も必要であり、これらの機材のレンタルや運搬費用も解体費用に含まれます。

さらに、廃棄物の処理費用も解体費用に含まれます。解体に伴って発生する廃材や残土は、適切な処理が必要です。解体業者は廃棄物の分別や運搬、処理を行い、これに伴う費用も解体費用に影響を与えます。廃棄物処理にはリサイクルや資源化の取り組みも行われることがあり、処理方法によって費用が異なる場合もあります。

また、解体工事中に発生する副産物や追加作業に伴う費用も考慮する必要があります。例えば、解体によって建物内から出てくる不要な家具や設備品の処理費用や、解体作業によって発生する傷や汚れの修復費用などが該当します。これらは予想外の費用となる場合があり、見積り段階でしっかりと確認することが重要です。

ただし、解体費用は必ずしも一概に高額とは言えません。解体業者によって料金体系や見積りの方法、効率的な作業手法などが異なるため、複数の業者からの見積りを比較することが重要です。また、助成制度の活用や補助金の申請など、費用を抑える方法も存在しますので、費用面での計画を立てる際にはこれらを活用することも検討してみましょう。

解体工事の費用は様々な要素によって変動しますが、見積り段階で詳細な内容を確認し、複数の業者を比較検討することで、適正な費用を把握することが重要です。解体費用を抑えながら、安全かつ効果的な解体工事を進めるために、慎重なプランニングと適切な業者選定が求められます。

耐震性能と解体費用

思わぬところで費用が増える可能性がある木造住宅の耐震性能。これが費用にどう影響するのか、明らかにします。

耐震性能の重要性

木造住宅の解体において、耐震性能は非常に重要な要素です。耐震性能が不十分な建物は、地震や自然災害による被害のリスクが高まるだけでなく、解体工事においてもさまざまな影響を及ぼします。

まず、耐震性能の不足によって建物が地震などの外部からの力に耐えられない状態であると、解体工事が行われる際に危険性が高まります。解体作業中に建物が倒壊したり、建物が予期せず崩壊したりするリスクがあります。そのため、解体作業に際しては、建物の耐震性能を評価し、安全な作業環境と手順の確立が求められます。

また、耐震性能の不足は解体費用にも影響を与えます。耐震性能が低い建物は構造が脆弱であり、解体作業がより複雑で困難になる場合があります。解体にはより多くの作業員や専門機材が必要となり、作業時間が延びることで費用が増加することが考えられます。

さらに、耐震性能の不足は周辺環境にも影響を及ぼす可能性があります。解体時に建物が倒壊する際には、周辺の建物や道路、地下施設などに被害を及ぼす可能性があります。そのため、解体計画においては周辺環境への影響を考慮し、安全な解体手法や監視体制の確立が必要です。

耐震性能の重要性は、解体だけでなく建物の使用期間中においても同様に重要です。木造住宅は耐久性に限界があるため、定期的な耐震診断や補強工事の実施が求められます。耐震性能の向上によって、建物の寿命を延ばし、安全かつ快適な住環境を確保することができます。

解体を検討する際には、木造住宅の耐震性能を評価し、安全性と費用のバランスを考慮することが重要です。建物の解体だけでなく、建物の設計や建て替え時にも耐震性能を重視し、長期的な安全性を確保することが求められます。

左右する要素

耐震性能が解体費用に与える影響は、いくつかの要素によって左右されます。

まず、建物の構造や設計が特に重要な要素です。建物の構造が耐震性能に適していれば、解体作業が比較的容易かつ安全に進めることができます。一方で、耐震性能が不十分な場合、解体作業が難しくなり、より多くの工程や手間が必要となるため、費用も増加する場合があります。

また、耐震補強工事の実施の有無も解体費用に影響を与えます。耐震性能を向上させるために事前に行われた補強工事があれば、解体時の安全性が高くなり、解体費用も削減される可能性があります。一方、耐震補強が行われていない場合は、解体作業がより複雑になり、費用が増える傾向があります。

さらに、解体時に発生する廃材や残土の処理方法も費用に影響を与えます。耐震性能が低い建物の場合、解体時には崩壊しやすいため、廃材や残土の処理がより困難になることがあります。そのため、廃棄物処理費用や運搬費用が増加することで、解体費用が増える場合があります。

同様に、地域の助成制度の活用も解体費用に影響を与えます。助成金や補助金を活用することで、解体費用の一部を補填できるため、費用負担が軽減されます。自治体によって助成制度の内容や補助金の支給額が異なるため、解体を検討する際には地域の助成制度を確認し活用することが重要です。

耐震性能が解体費用に及ぼす影響は、構造や設計、耐震補強の有無、廃材や残土の処理方法、地域の助成制度の活用などの要素によって異なります。解体を検討する際にはこれらの要素を考慮し、適正な費用と安全性を両立させることが重要です。

労働環境の改善と施工速度

労働環境の改善が施工速度に与える影響と、それが費用にどう反映されるのかについて見ていきます。

良い環境の重要性

解体工事において、良い労働環境の確保は非常に重要です。労働環境が良好であることは、解体作業の安全性や効率性に直結し、解体費用にも影響を与える要素です。

まず、労働環境の良さは作業員の安全確保につながります。解体作業は危険を伴う作業であり、高所作業や重機を扱う作業など、事故のリスクが存在します。良好な労働環境では、作業員が適切な安全装置や保護具を使用し、作業中のリスクを最小限に抑えることができます。これによって、作業員の安全が確保され、事故やケガの発生を防ぐことができます。

また、労働環境の良さは作業効率にも大きく影響します。適切な作業スペースや設備の整備、作業手順の最適化などが行われると、作業員は効率的に作業を進めることができます。作業効率が向上すると、解体工事の進行がスムーズになり、作業時間や手間が削減されるため、解体費用の削減にもつながります。

さらに、良い労働環境は作業員のモチベーションや働きやすさにも影響を与えます。作業員が快適な環境で働くことができれば、ストレスや疲労の蓄積を抑えることができます。これによって、作業員のパフォーマンスが向上し、品質や作業の精度が向上すると同時に、作業員の健康と安全が保たれます。

良い労働環境は解体工事において重要な要素であり、作業員の安全確保や作業効率の向上、作業員の働きやすさを促進します。解体業者は労働環境の改善に積極的に取り組み、安全で快適な作業環境を整えることで、解体工事の品質向上とコスト削減を実現することができます。

施工速度に与える影響

良い労働環境は解体工事の施工速度にも直接影響を与えます。以下では、労働環境が施工速度に与える影響について見ていきましょう。

まず、良好な労働環境は作業員の働きやすさを促進します。労働環境が快適であれば、作業員の疲労やストレスが軽減され、集中力や作業能率が向上します。作業員が心地よい環境で働けることで、ミスや手戻りの発生が減り、施工速度を高めることができます。

また、労働環境の良さは効率的な作業手順を確立することにも寄与します。労働環境を整えると、作業員がスムーズに作業を行い、ムダな時間や手間を省くことができます。効率的な作業手順が確立されると、解体工事の施工速度が向上し、工期の短縮にも繋がる可能性があります。

さらに、労働環境の改善には適切な設備や道具の提供も重要です。作業員が適切な設備や道具を使用できる環境が整えられると、作業の効率性が向上します。作業員が最新の機器や効率的な作業道具を使用できれば、作業時間の短縮や作業効率の向上を促すことができます。

また、労働環境の改善はチームワークとコミュニケーションにも良い影響を与えます。良好な労働環境では、作業員間のコミュニケーションが円滑に行われ、チーム全体の連携がスムーズに進みます。作業員同士が協力し合い、助け合うことで施工速度が向上し、効率的な解体作業が実現されます。

結果として、良好な労働環境は解体工事の施工速度に直接影響を与えます。労働環境の改善によって作業員の働きやすさや効率性を高めることで、解体工事の工期を短縮することができます。労働環境の改善には解体業者の意識や取り組みが求められますが、その結果は解体工事全体の効率性とコスト削減につながると言えるでしょう。

鉄骨造と木造の比較

木造住宅の解体と比較して、鉄骨造の解体がいかに異なるのかについて説明します。

物質的な違い

木造住宅と鉄骨造の建物には、物質的な違いが存在します。以下では、木造住宅と鉄骨造の建物の物質的な違いについて見ていきましょう。

まず、木造住宅は、主要な構造材料として木材を使用しています。木は自然素材であり、軽量で加工が比較的容易です。そのため、木造住宅は比較的手軽に建てられ、柔軟な設計やリフォームが可能です。また、木材は断熱性に優れているため、冬暖かく夏涼しい居住環境を提供します。

一方、鉄骨造の建物は、主要な構造材料として鉄骨を使用しています。鉄は非常に強固で耐久性に優れており、大規模で高層の建物に適しています。鉄骨は緊張材として使用されるため、建物の耐震性能が向上します。また、鉄骨は燃えにくく、防火性にも優れています。

さらに、木造住宅と鉄骨造の建物は、建築法や建築基準などの規制も異なります。木造住宅は住宅用の基準が設けられており、建築基準法に基づいて建設されます。一方、鉄骨造の建物は、商業用や公共施設などの大規模建築物としての基準や規制が適用されます。このため、建築設計や構造計算などの要件が異なる場合があります。

木造住宅と鉄骨造の建物は、それぞれの特性や利点を持ちながら、異なる用途や需要に応える役割を果たしています。木造住宅はスタイリッシュでアットホームな雰囲気を提供し、鉄骨造の建物は耐久性や大空間を実現します。建物の選択には、用途やニーズ、予算などを考慮して検討することが重要です。

費用の違い

木造住宅と鉄骨造の建物には、費用面でも違いがあります。以下では、木造住宅と鉄骨造の建物の費用の違いについて見ていきましょう。

まず、建築コストの面で木造住宅は比較的低価格です。木材は比較的入手しやすく、施工工程も短期間で行うことができます。そのため、木造住宅の建設コストは鉄骨造に比べて割安になる傾向があります。また、木造住宅のリフォームや改修も比較的費用を抑えて行うことができます。

一方、鉄骨造の建物は、建築コストが高くなる傾向があります。鉄骨は木材に比べて加工や組み立てが複雑で、施工には高度な技術と専門知識が必要です。また、鉄骨や鉄骨の結合部、防火仕様などの品質基準を満たす必要があるため、建設にはより高い品質管理が求められます。

さらに、建築後のランニングコストにも違いがあります。木造住宅は断熱性に優れており、冬暖かく夏涼しい環境を提供します。そのため、暖房や冷房の使用量を抑えることができ、エネルギーコストの削減につながります。一方、鉄骨造の建物はより高い断熱性を確保するために追加の断熱材が必要となることがあり、ランニングコストが増える場合があります。

建物の選択にあたっては、建築コストやランニングコストを考慮することが重要です。木造住宅は低予算で建築できる一方、鉄骨造の建物は高い耐久性と大規模な建築物の実現が可能です。用途や予算、建築期間などを考慮し、建物の費用面を総合的に判断することが重要です。

まとめ

この記事で紹介した練馬区での木造住宅の解体についての費用を抑えるポイントをまとめます。

費用を抑えるポイント

木造住宅の解体において、費用を抑えるポイントを紹介しましょう。

まず、複数の解体業者から見積りを取ることが重要です。複数の業者から見積りを比較することで、適切な費用の目安を得ることができます。業者の選定は安全性や信頼性にも関わるため、十分な検討が必要です。

また、助成制度や補助金の活用も費用の抑制に大きく貢献します。練馬区や他の自治体で提供されている助成制度を活用することで、解体費用の一部を補填することができます。助成制度には条件や審査がありますので、詳細を確認し申請を進めましょう。

さらに、解体の計画やスケジュールを事前に立てることもコスト削減につながります。良好な労働環境や施工速度の向上に取り組みながら、効率的な作業手順とスケジュールを策定しましょう。労働環境の改善や作業効率の向上によって、作業時間や手間を削減することができます。

また、建物の耐震性能の確認や補強工事の実施も費用抑制のポイントです。耐震性能が低い建物は解体費用や廃棄物処理費用が増加することがあります。解体のタイミングで耐震診断を行い、耐震補強に取り組むことで、建物の寿命を延ばし、解体費用を抑えることができます。

このように、複数の業者の見積り比較や助成制度の活用、計画的な施工スケジュールの策定、耐震性能の確認や補強工事の実施などが、木造住宅の解体における費用抑制のポイントです。予算や条件に合わせて、適切な対策を検討しましょう。

今後の流れ

木造住宅の解体を考えている方にとって、今後の流れを知ることは重要です。

まず、木造住宅の解体を検討する際には、複数の解体業者から見積りを取り、比較検討することをおすすめします。見積りには解体費用だけでなく、作業内容や廃棄物処理方法、安全対策などの詳細も含まれますので、納得できる業者を選ぶことが重要です。

また、助成制度や補助金の活用を検討することも大切です。自治体によって異なる助成制度が存在し、解体費用一部を補填することができます。助成制度の詳細や申請方法を確認し、必要な手続きを進めましょう。

さらに、解体計画や施工スケジュールを立てて進めていきます。解体のタイミングや作業手順、労働環境の改善などを考慮し、効率的かつ安全な解体工事を進めることが重要です。

解体作業の完了後には、廃棄物処理や敷地の整理作業を行います。廃材や残土の適切な処理を行い、敷地を綺麗に整えることが求められます。

解体後は、新たな建物の建設や土地の有効活用を検討することも一つの選択肢です。再開発や建て替えによって、練馬区のまちづくりに貢献することができます。

解体後の流れや次のステップは、個別の状況や希望によって異なります。建物の再建、販売、土地活用など、自身の目的や予算に応じて計画を立てていくことが重要です。

これから住宅解体を考えている方は、上記の流れを参考にして計画を進めましょう。適切な業者選定や助成制度の活用、効率的な解体工事の進行などを意識して、スムーズかつ安全な解体を実現してください。

東京都練馬区
内のエリア紹介
  • 高松
  • 高松一丁目
  • 高松二丁目
  • 高松三丁目
  • 高松四丁目
  • 高松五丁目
  • 高松六丁目
  • 富士見台
  • 富士見台一丁目
  • 富士見台二丁目
  • 富士見台三丁目
  • 富士見台四丁目
  • 南田中
  • 南田中一丁目
  • 南田中二丁目
  • 南田中三丁目
  • 南田中四丁目
  • 南田中五丁目
  • 高野台
  • 高野台一丁目
  • 高野台二丁目
  • 高野台三丁目
  • 高野台四丁目
  • 高野台五丁目
  • 谷原
  • 谷原一丁目
  • 谷原二丁目
  • 谷原三丁目
  • 谷原四丁目
  • 谷原五丁目
  • 谷原六丁目
  • 氷川台
  • 氷川台一丁目
  • 氷川台二丁目
  • 氷川台三丁目
  • 氷川台四丁目
  • 早宮
  • 早宮一丁目
  • 早宮二丁目
  • 早宮三丁目
  • 早宮四丁目
  • 春日町
  • 春日町一丁目
  • 春日町二丁目
  • 春日町三丁目
  • 春日町四丁目
  • 春日町五丁目
  • 春日町六丁目
  • 羽沢
  • 羽沢一丁目
  • 羽沢二丁目
  • 羽沢三丁目
  • 平和台
  • 平和台一丁目
  • 平和台二丁目
  • 平和台三丁目
  • 平和台四丁目
  • 南大泉
  • 南大泉一丁目
  • 南大泉二丁目
  • 南大泉三丁目
  • 南大泉四丁目
  • 南大泉五丁目
  • 南大泉六丁目
  • 光が丘
  • 光が丘一丁目
  • 光が丘二丁目
  • 光が丘三丁目
  • 光が丘四丁目
  • 光が丘五丁目
  • 光が丘六丁目
  • 光が丘七丁目
  • 三原台
  • 三原台一丁目
  • 三原台二丁目
  • 三原台三丁目
  • 東大泉
  • 東大泉一丁目
  • 東大泉二丁目
  • 東大泉三丁目
  • 東大泉四丁目
  • 東大泉五丁目
  • 東大泉六丁目
  • 東大泉七丁目
  • 旭町
  • 旭町一丁目
  • 旭町二丁目
  • 旭町三丁目
  • 西大泉
  • 西大泉一丁目
  • 西大泉二丁目
  • 西大泉三丁目
  • 西大泉四丁目
  • 西大泉五丁目
  • 西大泉六丁目
  • 豊玉南
  • 豊玉南一丁目
  • 豊玉南二丁目
  • 豊玉南三丁目
  • 豊玉北
  • 豊玉北一丁目
  • 豊玉北二丁目
  • 豊玉北三丁目
  • 豊玉北四丁目
  • 豊玉北五丁目
  • 豊玉北六丁目
  • 中村南
  • 中村南一丁目
  • 中村南二丁目
  • 中村南三丁目
  • 豊玉中
  • 豊玉中一丁目
  • 豊玉中二丁目
  • 豊玉中三丁目
  • 豊玉中四丁目
  • 旭丘
  • 旭丘一丁目
  • 旭丘二丁目
  • 豊玉上
  • 豊玉上一丁目
  • 豊玉上二丁目
  • 栄町
  • 桜台
  • 桜台一丁目
  • 桜台二丁目
  • 桜台三丁目
  • 桜台四丁目
  • 桜台五丁目
  • 桜台六丁目
  • 中村
  • 中村一丁目
  • 中村二丁目
  • 中村三丁目
  • 向山
  • 向山一丁目
  • 向山二丁目
  • 向山三丁目
  • 向山四丁目
  • 中村北
  • 中村北一丁目
  • 中村北二丁目
  • 中村北三丁目
  • 中村北四丁目
  • 練馬
  • 練馬一丁目
  • 練馬二丁目
  • 練馬三丁目
  • 練馬四丁目
  • 小竹町
  • 小竹町一丁目
  • 小竹町二丁目
  • 貫井
  • 貫井一丁目
  • 貫井二丁目
  • 貫井三丁目
  • 貫井四丁目
  • 貫井五丁目
  • 関町南
  • 関町南一丁目
  • 関町南二丁目
  • 関町南三丁目
  • 関町南四丁目
  • 上石神井南町
  • 下石神井
  • 下石神井一丁目
  • 下石神井二丁目
  • 下石神井三丁目
  • 下石神井四丁目
  • 下石神井五丁目
  • 下石神井六丁目
  • 上石神井
  • 上石神井一丁目
  • 上石神井二丁目
  • 上石神井三丁目
  • 上石神井四丁目
  • 立野町
  • 関町東
  • 関町東一丁目
  • 関町東二丁目
  • 関町北
  • 関町北一丁目
  • 関町北二丁目
  • 関町北三丁目
  • 関町北四丁目
  • 関町北五丁目
  • 石神井台
  • 石神井台一丁目
  • 石神井台二丁目
  • 石神井台三丁目
  • 石神井台四丁目
  • 石神井台五丁目
  • 石神井台六丁目
  • 石神井台七丁目
  • 石神井台八丁目
  • 石神井町
  • 石神井町一丁目
  • 石神井町二丁目
  • 石神井町三丁目
  • 石神井町四丁目
  • 石神井町五丁目
  • 石神井町六丁目
  • 石神井町七丁目
  • 石神井町八丁目
  • 田柄
  • 田柄一丁目
  • 田柄二丁目
  • 田柄三丁目
  • 田柄四丁目
  • 田柄五丁目
  • 錦一丁目
  • 錦二丁目
  • 北町
  • 北町一丁目
  • 北町二丁目
  • 北町三丁目
  • 北町四丁目
  • 北町五丁目
  • 北町六丁目
  • 北町七丁目
  • 北町八丁目
  • 土支田
  • 土支田一丁目
  • 土支田二丁目
  • 土支田三丁目
  • 土支田四丁目
  • 大泉町
  • 大泉町一丁目
  • 大泉町二丁目
  • 大泉町三丁目
  • 大泉町四丁目
  • 大泉町五丁目
  • 大泉町六丁目
  • 大泉学園町
  • 大泉学園町一丁目
  • 大泉学園町二丁目
  • 大泉学園町三丁目
  • 大泉学園町四丁目
  • 大泉学園町五丁目
  • 大泉学園町六丁目
  • 大泉学園町七丁目
  • 大泉学園町八丁目
  • 大泉学園町九丁目
  • 西大泉町
東京都練馬区近隣のエリア紹介
  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文京区
  • 台東区
  • 墨田区
  • 江東区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区
  • 板橋区
  • 足立区
  • 葛飾区
  • 江戸川区
  • 八王子市
  • 立川市
  • 武蔵野市
  • 三鷹市
  • 青梅市
  • 府中市
  • 昭島市
  • 調布市
  • 町田市
  • 小金井市
  • 小平市
  • 日野市
  • 東村山市
  • 国分寺市
  • 国立市
  • 福生市
  • 狛江市
  • 東大和市
  • 清瀬市
  • 東久留米市
  • 武蔵村山市
  • 多摩市
  • 稲城市
  • 羽村市
  • あきる野市
  • 西東京市
  • 瑞穂町
  • 日の出町
  • 檜原村
  • 奥多摩町
  • 大島町
  • 新島村
  • 三宅村
  • 八丈町
  • 青ヶ島村
  • 小笠原村
合同会社澤井総合
合同会社澤井総合
拠点のある東京を中心に、マンションの一室のリノベーションからリフォーム、総合解体まで幅広く対応しております。お客様からの一つひとつの要望に丁寧にお応えし、見た目にこだわった作業を心掛けております。
合同会社澤井総合

〒175-0045

東京都板橋区西台2-25-11-101